フェブラリーステークス 予想

中央競馬今年最初のG1レース、フェブラリーステークス。 昨年のダート王者ルヴァンスレーヴが繋靭帯炎で不在なのが残念ですが、過去3年のこのレースの勝ち馬に、インティ・コパノキッキングといった上がり馬もおり、なかなか面白いメンバー構成になったと思…

2018年度 私的年度代表馬

例年通り、選考対象は2018年中に国内で1走以上した馬です。 年度代表馬 アーモンドアイ (5戦5勝 桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ) 今年の後半は、3歳馬の強さが目立ちました。重賞級・G1級が輩出されて入れ代わり立ち代わりチャンピオンになってい…

ホープフルステークス 雑感

仕事でリアルタイム観戦とはなりませんでしたが、ホープフルステークスについて。 優勝は単勝1.8倍と圧倒的1番人気だったサートゥルナーリア。 スタートでキングリスティアが出遅れてしまい、逆に好発を決めたサートゥルナーリアが馬なりで前に出てゆくと、1…

ホープフルステークス 予想

先週の有馬記念はブラストワンピースの優勝。 予報では雨は上がるとのことだったのですが、土曜日に引き続き日曜日当日も雨が降ったり止んだり。結局有馬記念は稍重でのレースになりましたが、発表以上に力が要りそうな馬場状態に見えました。 スタート直後…

有馬記念 予想

先週の朝日杯フューチュリティステークスはアドマイヤマーズの優勝。 内から好発を決めた1番人気のグランアレグリアを、外からイッツクールがかわしてハナに立つと、グッと流れが緩みスローペースになりました。 この流れの中、先頭イッツクール・2番手グラ…

朝日杯フューチュリティステークス 予想

先週の阪神ジュベナイルフィリーズはダノンファンタジーが優勝。 先週日曜の阪神の芝のレースはスローペースの連発で、なかなかコース状態が読み取りづらかったのですが、まずまず速い時計の出るコンディションだったと思います。 ベルスールが逃げたこのレ…

阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

先週のチャンピオンズカップはルヴァンスレーヴの優勝。 最内から好スタートを切ったアンジュデジールの逃げは非常に遅いラップになりました。5ハロン通過61秒9もさることながら、6ハロン74秒2、7ハロン86秒5と4コーナーを回るまで遅いまま。実質残り2ハロン…

チャンピオンズカップ 予想

先週のジャパンカップはアーモンドアイの優勝。 スタートを決め行き脚もスムーズだったアーモンドアイが、1コーナーを内ラチ沿いの2列目で入ってゆくのを見た時、ああこれは勝たれたなと思いました。 テンからハナを主張していったキセキは、2コーナーあたり…

ジャパンカップ 予想

先週のマイルチャンピオンシップはステルヴィオの優勝。 序盤、出足が良かったのはロジクライとアルアインでしたが、両馬ともハナを切りたくない素振りで抑え気味に。その後じわっと外から進出したアエロリットの逃げという形に収まりましたが、前半47秒1の…

マイルチャンピオンシップ 予想

先週のエリザベス女王杯はリスグラシューが優勝。 スタートしてすぐに隊列が決まり、クロコスミアが先導する流れは1000m通過61秒4。今年もスローペースになりました。しかも隊列はやや縦長で、2番手ミスパンテールと3番手プリメラアスールは道中前へ圧力をか…

エリザベス女王杯 予想

まずは先週のJBC3競走について。 最初に行われたJBCスプリントはグレイスフルリープの優勝。 スタートを決めて飛び出したマテラスカイが、3コーナーの下りでも息を入れずに前半33秒7のハイペースで先行。4コーナーで若干息が入るも他の先行馬は軒並み息切れ…

JBC・3競走 予想

先週の天皇賞はレイデオロの優勝。 発走直前に放馬のアクシデントでダンビュライトが競走除外に。逃げ候補の1頭だった馬の離脱で、かえって作戦が立てやすくなったのかもしれませんが、ゲートが開くとキセキがハナを主張して前へ。隊列は1コーナーでほぼ決ま…

天皇賞・秋 予想

先週の菊花賞はフィエールマンの優勝。 序盤、スタートを決めたジェネラーレウーノがハナを主張すると内枠のアイトーンがすぐに控えたため、単騎先頭の展開に。序盤1000mが62秒7、中盤1000mが64秒2とかなりなスローペースになり、予想外の団子状態でレースが…

菊花賞 予想

先週の秋華賞はアーモンドアイが勝って牝馬三冠達成となりました。 ミッキーチャームが積極的にハナに立つと、ほどなく隊列が決まって前半はややゆったりとした流れに。3コーナーの坂からミッキーチャームが徐々にペースアップし、後続とのリードを広げなが…

秋華賞 予想

先々週のスプリンターズステークスはファインニードルの優勝。 ワンスインナムーンがテンの激しい争いを制し切りハナを奪い、前半600m通過は33秒0。馬場発表は稍重でしたが雨の降る中のレースで大分時計がかかるようになっていて、これは逃げ馬にはかなり厳…

スプリンターズステークス 予想

今年も秋期のG1シーズン到来。まずは中山1200m・スプリンターズステークスから。 台風が近づいてきており、同時開催の阪神競馬は中止に。中山の方は決行する見込みですが、相当雨が降っており、かなり時計のかかる馬場になりそうです。 今年の春の高松宮記念…

宝塚記念 予想

ちょっと間が開きましたが、先に安田記念について。 当日の東京の芝コースは予想通りかなりの高速馬場でした。一方展開は、外枠からウインガニオンが果敢に先手を主張し、予想に反して息を入れづらいようなラップに。 3コーナーに入ってもペースは落ちず、馬…

安田記念 予想

先週の東京優駿はワグネリアンの優勝。 日曜日の東京の芝コースは高速時計連発の良馬場になっていて、芝2400mの古馬1000万条件・青嵐賞の勝ち時計が2分22秒9。ペース一つではダービーもレースレコード(ドゥラメンテの2分23秒2)を更新できるようなコースコン…

東京優駿 予想

先週のオークスはアーモンドアイの優勝。春の牝馬クラシック二冠馬になりました。 サヤカチャンの単騎逃げは1000m通過59秒6。馬場状態がかなり良かったですから、それほど速いペースではなく、離れた2番手以降はスローペースで進んでいたと思われます。 10馬…

優駿牝馬 予想

先週のヴィクトリアマイルはジュールポレールが優勝。 聞いていた予報よりもずっと早くから天気が崩れ始め、雨の中のレースになりました。芝コースはそれでもまだ速い時計が出るコンディションではありましたが、稍重発表、考えていた1分31秒台での決着はち…

ヴィクトリアマイル 予想

先週のNHKマイルカップはケイアイノーテックが優勝。 晴れて速い時計が出る良馬場というのは予想通りだったのですが、先週の日曜は予想外に風が強く、ゴール前の直線では向かい風を受けながらの攻防になっていました。 横に広がった各馬が向かい風を受ける展…

NHKマイルカップ 予想

先週の天皇賞はレインボーラインが優勝。 ヤマカツライデンの逃げは昨年ほどの急流ではありませんでしたが、そこそこ締まった流れを作ったと思います。2周目に入ったところで単騎逃げの形になりましたが、ヤマカツライデンが離して行ったというよりは、2番手…

天皇賞・春 予想

先々週の皐月賞はエポカドーロの優勝。 心配していた雨は朝のうちに上がり、馬場も徐々に乾いて稍重発表でのレースになりました。土曜日と比べると2000mで1秒ぐらい余計にかかる程度の馬場だったと思います。道悪適性が特にモノを言うような馬場ではなかった…

皐月賞 予想

先週の桜花賞はアーモンドアイが優勝。 コーディエライトの逃げは前半800m46秒6のラップタイム。決して急流ではなく、瞬発力勝負を嫌っての平均的な時計の刻み具合でした。内枠からスタートを決めたラッキーライラックは3番手のインを進み、固まった馬群の前…

桜花賞 予想

先週の大阪杯はスワーヴリチャードが優勝。 ヤマカツライデンの先導、ダンビュライトの2番手で進んだ前半は1000m61秒1という超のつくスローペース。この2頭の鞍上はガッチリ手綱を抑えており、速い上がりの出せる馬場で速い上がりに不安のある馬が上がり勝負…

大阪杯 予想

ドバイミーティング中継が終わった後に書いています。今年の日本馬は勝ち鞍なし。そこそこ戦えているのですが、あまり興奮することもなく、淡々と終わってしまった印象。 あとメイダンのダートコースが滅茶苦茶高速馬場になっていて吃驚しましたね。 先週の…

高松宮記念 予想

今年はドバイミーティングと日程が重ならない高松宮記念。 高松宮記念と同じコースで行われた土曜日の岡崎特別は、勝ち時計1分9秒7の決着。勝ったメイショウカリン、2着のブラッククローバーはともに1000万条件では上位の力量馬だと思うので、稍重馬場でのこ…

フェブラリーステークス 予想

中央競馬の今年最初のG1レース、フェブラリーステークス。 コパノリッキーは引退しましたが、アウォーディー・サウンドトゥルー・ベストウォーリア・インカンテーションという強い8歳世代は健在。昨年のダートチャンピオンのゴールドドリーム、オープン昇級…

2017年度 私的年度代表馬

例年と同様に、選考対象は2017年中に国内で1走以上した馬です。 年度代表馬 オジュウチョウサン(4戦4勝 中山大障害、中山グランドジャンプ) 今年は無敗、さらに昨年春の中山グランドジャンプから8連勝中。歴史に名を残すジャンパーになりました。来年は中山…

ホープフルステークス 回顧

木曜日のホープフルステークスはタイムフライヤーの優勝。 2分1秒4の勝ちタイムはだいたい予想通りの決着になりましたが、前半1000m通過タイム59秒6は予想よりやや速めになっていました。 3コーナー過ぎから先行勢の脚色が鈍り始め、それほど縦長にならずに…