読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高松宮記念 予想

ドバイミーティング観戦後にこれを書き始めています。 今年のドバイミーティングは珍しく雨の競馬になりました。時折大きな雨粒が見え、強い風が吹いているのも画面を通して伝わってきました。水を含んだダートは固まって撥ね上げられていましたし、ずいぶん…

フェブラリーステークス 予想

今年最初のG1、フェブラリーステークス。 アウォーディーがドバイワールドカップへ向けての調整中で出走せず。昨年のチャンピオンズカップ優勝のサウンドトゥルーは直前まで騎手が決まらず、さらに川崎記念2着から中1週。去年のこのレース1・2着、モーニンと…

2016年 私的年度代表馬

選考対象は、昨年同様、2016年中に国内で1走以上した馬です。 年度代表馬 モーリス(5戦3勝 天皇賞・秋、チャンピオンズマイル、香港カップ) 6戦無敗だった昨年と比べると、勝率は落としましたが、マイルでG1を1つ、中距離で2つと守備範囲を拡げてのG1を3勝は…

有馬記念・朝日杯 回顧

有馬記念はサトノダイヤモンドがゴール前でキタサンブラック・ゴールドアクターを交わし優勝。 マルターズアポジーが引っ張る序盤はまずまずのラップで流れましたが、大きく離れた2番手キタサンブラック以下はスローペース。そこから中盤にさらに大きくペー…

有馬記念 予想

近年で一番悪い体調の崩し方をして、今週は酷い日が続いていますが、今日は有馬記念となれば無視という訳にはいきません。 とはいえ、トリッキーな中山2500mコース、展開のよく読めないメンバー、霧で稽古の動きが見えなかった栗東勢と、予想の切り口・取っ…

朝日杯フューチュリティステークス 予想

先週の阪神ジュベナイルフィリーズはソウルスターリングが勝利。 戦前、2着に入ったリスグラシューとの比較でソウルスターリングの方がマイル戦対応への不安が大きいと見ていたのですが、実際のレースではマイル戦の流れに乗れたのはソウルスターリングの方…

阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

先週のチャンピオンズカップはサウンドトゥルーの追い込みが決まっての勝利。 実況のラジオNIKKEIの山本直也アナウンサーが「豪脚一閃」と言い表していましたが、4コーナーを後方で内ぴったり回り、直線を向いてから外に持ち出しての強襲で、実況どおりの見…

チャンピオンズカップ 予想

先週のジャパンカップはキタサンブラックの逃げ切り勝ち。 好発を決めて早々に先頭に立ったキタサンブラックが、道中は極めて楽なスローペースでの単騎逃げ、残り800mぐらいから後続を突き放す形に。 キタサンブラックは上がりの決め手勝負を嫌うだろうとい…

ジャパンカップ 予想

先週のマイルチャンピオンシップは、本命視していたミッキーアイルの勝利。 序盤の動向がカギと見ていましたが、ミッキーアイルは好スタートを決めて意外なほどアッサリと先頭へ。前半4ハロン46秒1のペースで後続に脚を使わせる流れに持ち込めました。 4コー…

マイルチャンピオンシップ 予想

エリザベス女王杯は上がり3F33秒2でクイーンズリングが差し切り、初G1勝利。 1000m通過61秒8、1200m通過が74秒4というかなりなスローペース。スタートで少々出遅れたクイーンズリングでしたが、内枠とこのスローペースを利して無理なく好位に取り付き、上が…

エリザベス女王杯 予想

先週のブリーダーズカップフィリー&メアターフは Queen's Trust がゴール前 Lady Eli をハナ差かわして優勝。フランキーのここ一番での勝負強さを見せつけられました。 対抗・本命で決まったのですが、馬単の裏を買っていなかったので悲しいハナ差。ワイド…

天皇賞・秋 雑感

先週の天皇賞・秋は直線早めに抜け出したモーリスが後続に0秒2差つけての勝利。 香港での2勝を含めG1競走5勝目を挙げました。 前半1000m通過が60秒8。エイシンヒカリのマイペースにせよ、これに何かが絡んでゆくにせよ、スローペースにはならないと予想して…

天皇賞・秋 予想

先週の菊花賞はサトノダイヤモンドの快勝。ディーマジェスティ、マカヒキと併せ3頭のディープインパクト産駒が三冠を分け合う結果になりました。 序盤ミライヘノツバサが引っ張って急流となり縦長の展開に。中盤はグッとペースが緩んで団子状態に。終盤、坂…

菊花賞 予想

秋華賞は直線外から伸びたヴィブロスの快勝。 前半59秒9と馬場を考えるとかなり遅い流れ。3~4コーナーから速くなり、淀の内回りを加速しながら進むための器用さが求められる競馬でした。 とはいえ勝ったヴィブロスは、前後に分かれた馬群の後方馬群の先頭付…

秋華賞 予想

先々週のスプリンターズステークスは、本命視したビッグアーサーが12着惨敗でした。 出走表が確定した時に、内枠から騎手欄を見て『福永、武豊、池添、田辺、、、ビッグアーサー(最内)にとっては不穏な並びだな』と思っていたのですが、その予感は当たってし…

スプリンターズステークス 予想

宝塚記念から3ヶ月。夏をはさんで今週からは秋のG1シーズンです。 『Gold Bridge と Vilmorin』などというエントリを書いて、その際にエルコンドルパサーにはSpecial (その祖母Rough Shod)が豊富に入るのは理解していたのに、例に挙げる現役馬に(血統表が大…

宝塚記念 予想

さて今週は、上半期最後のG1、宝塚記念。 関西の天気は回復傾向にあるようですが、土曜日までに降った雨量が多かったので、最初は重馬場発表からのスタートになるでしょうか。先週から阪神芝コースはBコースに替わり、雨に降られた分数字は読みにくいですが…

Gold Bridge と Vilmorin

とりたてて主張も、結論めいたものもありませんが、、、ひとつ覚え書きを。 ディープインパクトの母であるウインドインハーヘアは芝2400mの独G1・アラルポカルの勝ち馬。 その父のAlzaoは現役時代G1勝ちこそありませんでしたが9~12f戦で活躍し、伊G3エリン…

安田記念 ひとことふたこと

安田記念はロゴタイプが逃げ切り、3年前の皐月賞以来の勝利。 とにもかくにも、田辺騎手にやられました。 レース前半が47秒0、上がり800m46秒0、600m33秒9。 古馬マイルのG1で、中盤に12秒台のラップがふたつ挟まっての上がりの勝負となるとは完全に予想外で…

安田記念 予想

先週の東京優駿はマカヒキがハナ差競り勝ってダービー馬に。 テンの1000m通過は60秒。馬場を考えるとやや緩めの流れか。中盤いったん更に緩く流れ、残り1000mから速くなる展開で、もう少しじっとしていたかったスマートオーディンにはつらい流れだったですね…

東京優駿 予想

先週のオークスは1番人気のシンハライトが優勝。 序盤速めに流れたのですが、中盤ラップが落ちて3~4コーナーはゆっくり回る形。全馬充分息が入って上がり勝負になりました。 シンハライトは予想通り馬体重を減らして422キロ。少しでも折り合いに苦労すれば…

優駿牝馬 予想

先週のヴィクトリアマイルはストレイトガールが鋭い差し脚で完勝。 先週、3歳戦でペース・展開の予想が毎度外れると書いたら、案の定古馬戦線でも外れるという因果に。ゲートが開いてスマートレイアーが行きかけて、すんなりハナを切るかと思ったのですが、…

ヴィクトリアマイル 予想

先週のNHKマイルカップはメジャーエンブレムが快勝。 シゲルノコギリザメがもっと絡んでゆくと思ったのですが、何を狙ったか番手に自重してしまい、メジャーエンブレムのペースに。クイーンカップの再現のような逃げ切り勝利になり、2・3着には中団より後方…

NHKマイルカップ 予想

ケンタッキーダービーをネット中継で観た流れで書いています。 ラニはスタートで遅れてあんまり見せ場がなかったですね。でもゴール前はじわじわ伸びて9着、スキーキャプテン(1995年14着)よりは上の着順で上がれました。当時武豊騎手は26歳、今は47歳。見比…

天皇賞・春 予想

先々週の皐月賞はディーマジェスティが直線力強く差してきて優勝。 予想外に前半から流れて1000m通過は58秒4。逃げたリスペクトアースに絡んでいったリオンディーズが苦しくなり、直線ヨレてエアスピネル・サトノダイヤモンドに不利を与えるというアクシデン…

皐月賞 予想

先週の桜花賞で注目していたメジャーエンブレムは4着。 ゲートの出がそれほど良くはなかったものの、前に出せない程の出遅れでもなく、ハナ、もしくは2番手につけることも可能だったはず。ところがルメール騎手は位置を取りにゆかず、中段に構える形に。 こ…

桜花賞 予想

東京ではだいぶ葉桜になってしまいましたが、今週は桜花賞。高松宮記念では的中できたので——配当は少なかったですが——G1連勝と行きたいところ。 週中に雨が降ったものの、阪神芝コースはだいぶ乾いている模様です。 土曜日、桜花賞と同じ芝マイル戦の阪神牝…

高松宮記念 予想

グリーンチャンネルでドバイミーティングを観た流れで予想をしています。 リアルスティールはドバイターフを綺麗に勝ち切りました。テンに位置をとり、いったん落ち着かせ、直線逃げ馬を捕まえて先頭ゴールイン。皐月賞で逃したG1のタイトルを海外で掴み取り…

フェブラリーステークス 予想

今年の最初のG1、フェブラリーステークス。 明け4歳馬4頭も人気を集め、ダート戦線の世代交代となるかというのも一つ注目しています。 昨年と一昨年の勝ち馬コパノリッキーを抑えて現在1番人気はその4歳馬ノンコノユメ。 前走チャンピオンズカップは差し有利…

2015年 私的年度代表馬

選考対象は去年と同じく、今年国内で1走以上した馬です。 年度代表馬 モーリス (6戦6勝 安田記念、マイルチャンピオンシップ、香港マイル) 年始にはまだ条件馬、しかも昨年後半は完全休養だったのですが、堀厩舎に転厩、そして1月に復帰すると連戦連勝。現役…

有馬記念 予想

先週の朝日杯はリオンディーズが優勝。 ペースを握ると予想していたシュウジの序盤の走りのリズムが悪く、ウインオスカーの逃げは阪神ジュベナイルフィリーズとは打ってかわってかなり遅い流れ。 中団後ろに位置していたエアスピネルがコーナリングで上手に…

朝日杯フューチュリティステークス 予想

先週の阪神ジュベナイルフィリーズはメジャーエンブレムの優勝。 スローならこの馬が強そうという予想でしたが、前半800m通過46秒9というなかなか締まった流れを好位追走し、4角先頭で押し切った好内容での勝利。こちらの見立てが低すぎました。 来年の春の…

阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

先週のチャンピオンズカップはサンビスタが優勝。 道中は内ぴったりをまわって、直線入り口で進路を作ると、力強く伸びて快勝。3コーナーで有力馬が早めに進出したりして全体的には厳しい流れだったと思うのですが、サンビスタについてはとにかくスムーズに…

チャンピオンズカップ 予想

先週のジャパンカップはショウナンパンドラが勝利。 カレンミロティックがペースを引っ張って前半はまずまず流れ、いったん緩んだ後の直線勝負。ゴール前は大混戦で、坂上先頭のラブリーデイを内からラストインパクトが、外からショウナンパンドラが交わして…

ジャパンカップ 予想

先週のマイルチャンピオンシップは、モーリスの勝利。 前半の入りがまさかのスローペースで、しかも本来ならばこの展開は勝機なはずのイスラボニータはスタートで遅れて後方から。これはいったいどうなっちゃうんだろうと思っていたら、鮮やかに伸びてきたの…

マイルチャンピオンシップ 予想

先週のエリザベス女王杯は、早めに抜け出したマリアライトが後続の追撃を振り切って優勝。 稍重発表でしたが、思っていたよりも馬場の回復は早くまずまず時計の出る馬場になっていました。大逃げのウインリバティの1000m通過が60秒7ですから後続はスロー。 …

エリザベス女王杯 予想

さて今日はエリザベス女王杯。 ミッキークイーンとショウナンパンドラがジャパンカップへ向かうとのことで、混戦模様。一応人気上位は昨年の1・2着馬、ラキシスとヌーヴォレコルトです。 昨日の雨が残って京都の芝コースは今のところ重馬場発表。時計はかかり…

チャンピオン ラブリーデイ

秋のG1も1週空いて、気候もずいぶんひんやりしてきました。 先々週の天皇賞は、ラブリーデイの勝利。 クラレントが逃げ、エイシンヒカリが控えるという予想外の展開。前半1000m60秒6というよもやのスローペースから、ラスト4ハロンに11秒台ラップが4つ並ぶ上…

天皇賞・秋 予想

先週の菊花賞は、後半出入りの激しい競馬に。それをじっと内々で我慢していたキタサンブラックが直線抜け出してクビ差の勝利。北村宏司騎手の決め打ちがズバリ嵌まりました。 狙っていたリアルスティールは、余力を残しつつ4コーナーで逃げ馬を射程にとらえ…

菊花賞 予想

先週の秋華賞はオークス馬ミッキークイーンが制して2冠達成。前半1000m通過は57秒4という速い流れ。終いも極端に落ちず勝ち時計は1分56秒9のレコード。ミッキークイーンはスピードと地力を証明した形で、体調さえ整えば、外回りのエリザベス女王杯も府中のヴ…

秋華賞 予想

先々週のスプリンターズステークスは、前半かなり遅く、にもかかわらず先行馬の脚が続かないという不思議なレースでした。快速スプリンターが持ち味を発揮できず、府中の1400~1600mで良績のあるようなタイプが上位に入りました。レースラップでは上がりがか…

スプリンターズステークス 予想

あんまり秋シーズン到来という実感がないのですが、気がつけば今週はスプリンターズステークス。 今回は、春の高松宮記念で狙ったサドンストーム、その全弟ティーハーフ、そして半兄で香港馬のラッキーナインの三兄弟揃い踏みを期待していたのですが、残念な…

宝塚記念 予想

さてグランプリ、宝塚記念。 1・2番人気が濃厚だったエピファネイアが故障回避、エアソミュール・ステファノス・クリールカイザーあたりも不在で、人気は宝塚記念3連覇のかかるゴールドシップ。 開催最終日で雨の影響も残る馬場を考えると、最終的には単勝オ…

安田記念 予想

先週のダービーはドゥラメンテの圧勝。 第6レースぐらいから府中で観ていました。去年とは違って直線外差しも可能な芝コースになっていて(ただし道中インコースを通る内枠の馬は好走していた)、好位から早め先頭でリアルスティールが抜け出すという予想はか…

東京優駿 予想

先週のオークスはミッキークイーンが理想的なレース運びで差し切り優勝。 相手本線のクルミナルとの間にルージュバックが入りましたが、ワイド狙いだったので無事的中でした。キャットコインは桜花賞からさらに体重を減らしていて見た目も今一つ、結果も12着…

優駿牝馬 予想

波乱含みとは予想していましたが、波乱も波乱、大波乱に終わった先週のヴィクトリアマイル。ミナレットの大逃げは後続の中距離馬に息を入れさせない流れを作り3着に粘り込み。 前々で流れに乗れたケイアイエレガントとストレイトガールの叩き合いは、前者が…

ヴィクトリアマイル 予想

先週のNHKマイルカップは、先行集団の内にいたクラリティスカイが、先に抜け出したアルビアーノをゴール前捕えて優勝。横山典弘騎手は天皇賞に続いて2週連続のG1勝利。 スローペースは予想していましたが、アルビアーノが2番手で脚を溜められてのスローペ…

NHKマイルカップ 予想

先週の天皇賞はゴールドシップが快勝。 芝の保護のために散水したところ当日予想外に乾きが遅くなり時計がかかる馬場だった、という件は置いておいて、注目していたアドマイヤデウスは道中折り合いを欠いてしまって良いところなしで終わってしまいました。 …

天皇賞・春 予想

皐月賞はドゥラメンテが直線で鬼脚を繰り出して先に抜け出したリアルスティールを差し切り一冠。直線入り口での大外への進路変更はミルコ・デムーロの腕ならではなのでしょうが、あの斜行で降着なしというのは、ルール内で納まってると理解していても少々腑…

皐月賞 予想

先週の桜花賞は、序盤からキャットコインが下げ過ぎた上に予想以上のスローペース。逃げたレッツゴードンキに上がり33秒5の脚を使われては後続はなすすべなし。 道中からあきらめ気味に見ていましたが、直線外と内からクルミナルとコンテッサトゥーレが差し…