読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2007年私的年度代表馬

年末に書くつもりがだいぶ時機を逸してしまいましたが。


選考対象は今年日本国内で1走以上した馬(去年と一緒)です。


年度代表馬 なし


2007年が日本の競馬にとってどんな年だったかというと、一番は「牝馬のウオッカがダービーを勝った年」だと思うのです(次は馬インフルエンザの流行)。ただ、ウオッカの下半期の成績をみると、ダイワスカーレットにいいところなく連敗するなど、「ナンバーワンの馬」とは推しがたい。なので、今年は年度代表馬はなしということで。


殊勲賞 ウオッカ (8戦3勝 東京優駿)
殊勲賞 アドマイヤムーン (6戦4勝 ドバイデューティーフリー宝塚記念ジャパンカップ


JRA賞での年度代表馬アドマイヤムーンというのには異論ありません。国内古馬G1王道を完走したメイショウサムソンと比べると、獲りたいタイトルを獲って勝ち逃げした感もなくはないですが、海外を転戦して勝利したこととジャパンカップの1勝は大きいと思います。個人的にはドバイでの勝利の価値がどれぐらいなのかよくわからないので年度代表馬から1段下げた評価にしてしまいましたが、後年、「やっぱり年度代表馬でもよかったかも」と思うかもしれません。


ウオッカは、今思うとやはり、桜花賞前に2回走ったのと、宝塚記念参戦が下半期の成績につながってしまったかなと。休養期間の短さと激しいレースの連続のため、調子のピークだったダービー後の落ち込みようがとても大きかった。古馬になっても毎回人気になるだろうけれど、成長期にヘンな無理をしてしまったツケで、2008年はあまり輝きを期待できないのではと思います。実際そうなったら残念ですが。


敢闘賞 メイショウサムソン (6戦3勝 天皇賞春・秋)


2007年の古馬戦線を引っ張っていった主役の馬。ただ、(秋の天皇賞でのペース判断は見事でしたけれど)メイショウサムソン武豊騎手のコンビはあまり相性が良くないのではと思ったり。ジャパンカップ(と有馬記念)ではがっかりさせられました。積極的に勝負にいくと思ったこの馬が中団のうしろからで、イチかバチかの直線勝負と思ったアドマイヤムーンが前目からの勝ちにゆく競馬。このレースでの鞍上の差が年間での評価での上下につなっがっていると思う。
(馬へタイトルを割り振っているのに、騎手のよしあしで評価が上下するのはどうかとも思うけれど、そこは「私的」なものなのであいまいのまま保留)


技能賞 アサクサキングス (7戦2勝 菊花賞)
技能賞 カラジ (9戦1勝 日本国内2戦1勝 中山グランドジャンプ=3連覇)


アサクサキングス皐月賞→NHKマイルカップ→ダービー→宝塚記念と春にG1を4走した上で、菊花賞を勝つというたくましさ・成長力・オールラウンダーぶりを評価。
カラジは地元の成績はともかく、日本に毎年遠征してきて毎年結果を出したという3勝分の重みを加味した上で評価。


賞をつけるのは以上の5頭。次点はダイワスカーレットヴァーミリアン
2008年に期待するのはマツリダゴッホ。はたして中山以外でのレースでもいいところを見せられるか?!
それとPOGで指名している2歳女王トールポピー阪神ジュベナイルフィリーズは展開に恵まれたところもあると思うけれど、成長して桜花賞も勝ってほしい。