読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルチャンピオンシップ 予想

マイルチャンピオンシップ、簡潔に。

コンゴウリキシオーが参戦してきたので、これは淀みない均一なラップになって、実績上位の馬がそのまま勝ち負けになるかなと予想していたのですが・・・。
枠順が決まってみると、やけにスプリンター寄りの馬が内枠に並んだ感じで、前半ヤリスギ・後半ズブズブという展開もあるのかな、という気になってきました。

一応の本線は◎サイレントプライド=○スーパーホーネット

サイレントプライドダービー卿チャレンジトロフィー富士ステークスとマイルの重賞を2連勝中。
昨年のマイルチャンピオンシップからの1年でマイルの重賞を2勝しているのはこの馬だけ。
休みを挟んでの重賞連勝で、充実期に入った様子。
脚質的にも、血統的にも大崩れはしなさそうなタイプで、馬券の軸には最適か。

スーパーホーネットは昨年の2着馬。
前走の毎日王冠ではゴール前でウオッカを差し切る見事な競馬。
今年の春は、京王杯快勝→安田記念不発と期待を裏切った形ですが、今回はどうか。
1400m・1800mでは強いのに間の1600mではダメというタイプとも言いきれず、京都の芝では結構安定しているので大丈夫と見たのですが。。。

折り合いに難があって、ペースの上がるマイル戦に活路を求めてきたショウナンアルバスマイルジャックの3歳馬2騎は、今回に限っては軽視する方向で考えてみる。
ここまでスプリンター勢が内からギュンギュンレースを引っ張りそうなメンバー構成になると、逆にペースについていくので精一杯になってしまうのでは。
カンパニーは安定感がなく、スーパーホーネットと比べると買いにくい。
天皇賞好走で人気を集めるのは去年と一緒で、人気ほど信用できない。

カナダから参戦のラーイズアトーニーは力の要る馬場なら結構やれそう。
都合の良いことに、今年の淀の馬場は軽快さだけでは勝てないような印象。
日本の硬い馬場で早い時計の決着になると信頼はできないものの、人気はないのでコッソリ買っておくのはアリだと思う。

前半で先行勢が飛ばしすぎて、後半前と後ろがゴッソリ入れ替わるような展開なら、キストゥヘヴンあたりが怖いかな。。。

サイレントプライド
スーパーホーネット
▲ラーイズアトーニー
キストゥヘヴン

基本は◎=○の馬単ウラオモテ。