読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有馬記念 予想

さて有馬記念
今回はいろいろと展開予想が難しいなという印象。
ダイワスカーレットが「スローペースの上がり勝負」専用馬ではないことが天皇賞で証明されてしまったので、ダイワスカーレット=安藤勝騎手としては攻め方に選択の幅がある、というのがひとつ。
フローテーションのように古馬G1級と当たるのが初めてで決め手勝負に不安のある馬が数頭いて、もしかしたらハナきってペースを上げに来るかもしれないな、というのがひとつ。
人気どころでは先に仕掛けるだろうダイワスカーレット、それをマークするマツリダゴッホともに外目の枠を引き、しかも終盤苦しくなると行儀の悪くなるアサクサキングスコスモバルクが2頭の前にいそうだなあ、というのがひとつ。
メイショウサムソンは、また後方からなの?というのがひとつ、などなど。


マギレがあるかもと警戒しつつ、予想の中心は昨年の1,2着馬、◎マツリダゴッホと○ダイワスカーレット
両馬とも有馬記念を目標においた秋のローテーションで、調子のピークを越えてオマケで出走してきた馬ではないでしょう。(天皇賞激走の反動はちょっと怖いですが)
中山実績・距離実績で上回るマツリダゴッホを上位にとりましたが、あまり差はないと考えています。

マツリダゴッホ (中山実績抜群)
ダイワスカーレット (秋はまだ2走目)
カワカミプリンセス (一角崩すなら内枠の馬か)
アルナスライン (平均ペース以上に速く流れれば)
アサクサキングス (時計のかかる良馬場なら前残り警戒)

本線は◎○の馬連。
好配当狙いでカワカミプリンセス2着付けの3連単。