読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療費

確定申告の為に、溜めこんでいた領収書を整理した。
妊婦検診から出産そして1ヶ月検診まで、1年前にここで書いた予想と同じぐらい(出産育児一時金の倍=約70万円)、出産関連の医療費がかかっていた。
もちろん、保険が利く件に関しては自己負担分のみの計算。

ここ、税金の使いどころじゃないかなあ。
医療費以外でも出産に関する出費はあるし、平時の経費も当然増える。
光熱費なんて、独身の時に「子供生まれたらびっくりするぐらい増えるよ」と言われていたけれど、本当にというか嘘みたいに増えたし。
金銭面でのハードルを下げて子供が増える呼び水になれば、直す必要のない道路を掘りかえすより経済効果あるかもしれないし、そうでなくても社会として損にはならない。
他の深刻な問題も、子供が増えたら幾分か希望が出てくるんではないの?

「米百俵の精神」とか言っていたの、どこ行っちゃったんだろう。