読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィクトリアマイル出走馬を下から

何だか若い騎手がいっぱい出てるな、とか
今年のヤマニンは3頭出し(ジョリーダンスを含めて)か、とか思いました。

枠番 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 累代 近親
1 1 ショウナンラノビア 牝6 55 柴田善 アストニシメント 11 ×
1 2 ブラボーデイジー 牝4 55 生野 ヴィジットマン 3 ×
2 3 マイネレーツェル 牝4 55 川田 ダイアンケー 7 ×
2 4 ブーケフレグランス 牝4 55 三浦 スカーレットインク 3
3 5 ザレマ 牝5 55 安藤勝 シェンク 2
3 6 ウオッカ 牝5 55 武豊 フロリースカツプ 12
4 7 レッドアゲート 牝4 55 松岡 フロリースカツプ 10
4 8 チェレブリタ 牝4 55 蛯名 ミスハワイ 5 ×
5 9 セラフィックロンプ 牝5 55 宮崎 ハイタニア 4 ×
5 10 ムードインディゴ 牝4 55 内田博 リープフォージョイ 2
6 11 ヤマニンメルベイユ 牝7 55 柴山 ティファニーラス 3
6 12 ジョリーダンス 牝8 55 四位 ピーターホフズパティア 2 ×
7 13 リトルアマポーラ 牝4 55 福永 コランディア 6
7 14 カワカミプリンセス 牝6 55 横山典 タカノセクレタリー 2
7 15 サワヤカラスカル 牝4 55 浜中 アストニシメント 12
8 16 アルコセニョーラ 牝5 55 武士沢 ジョイデソアー 3 ×
8 17 レジネッタ 牝4 55 小牧 マクタヴィア 3 ×
8 18 ヤマニンエマイユ 牝6 55 田中勝 ワンオブアクライン 3


フロリースカツプとアストニシメントの小岩井牝系2系統がそれぞれ2頭出しになりました。しかも双方とも、フロリースカツプの娘・アストニシメントの娘の世代で分かれた、遠い遠い親戚という組み合わせ。

その他では、現在国内で最も勢いのあると思われるスカーレットインクの一族から、ブーケフレグランスが出走。
まだ準オープンの身、重賞出走歴2回の結果は2回とも2桁着順という成績ですが、それでもそこそこ人気しそうな感じですね。

レジネッタは歴史的な名繁殖牝馬Fall Aspenの一族。
Fall Aspenは日本でもおなじみのティンバーカントリーのほか重賞勝ち馬8頭の母になり、孫にはDubai Millenniumなどが出ています。

将来的には牧場の繁殖牝馬のエースになるべき馬たち、無事に完走してほしいです。