読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オークス出走馬を下から

東京でも新型インフルエンザの罹患者が出ましたが、競馬は通常通り開催されるのでしょうか。オークスとダービー、競馬ファンが最も熱くなる季節だけに、大事にいたらずに好レースを楽しめることを期待していますが。。。

枠番 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 累代 近親
1 1 マイティースルー 牝3 55 小野 スルーオール 2
1 2 パドブレ 牝3 55 西田 アスクザリーズン 3 ×
2 3 レッドディザイア 牝3 55 四位 グレイトサンライズ 2 ×
2 4 ヴィーヴァヴォドカ 牝3 55 村田 マイリー 5 ×
3 5 ダノンベルベール 牝3 55 後藤 ミスベルベール 2
3 6 フミノイマージン 牝3 55 太宰 シンコウイマージン 2
4 7 ブエナビスタ 牝3 55 安藤勝 アグサン 3
4 8 ディアジーナ 牝3 55 内田博 フオルカー 6
5 9 ルージュバンブー 牝3 55 田中勝 ウインドフレスカ 3
5 10 ツーデイズノーチス 牝3 55 武豊 ユニバース 2
6 11 イナズマアマリリス 牝3 55 武幸 ウオーターミユージツク 7
6 12 ダイアナバローズ 牝3 55 角田 チッキーズディスコ 2 ×
7 13 ブロードストリート 牝3 55 藤田 フィラストリート 2
7 14 ジェルミナル 牝3 55 福永 オンブルリジェール 2
7 15 ハシッテホシーノ 牝3 55 松岡 アドマイス 2
8 16 ワイドサファイア 牝3 55 岩田 エイプリルソネット 3
8 17 デリキットピース 牝3 55 柴田善 エコルシュ 3
8 18 サクラローズマリー 牝3 55 三浦 クレアーブリッジ 4



桜花賞に出走した土着牝系組がごっそり抜けてしまい、来日2代目、3代目という馬が別路線から出走してきました。


デビュー2連勝でここに臨むデリキッドピースは、オークスアドラーブルの母であるエコルシュからみて孫にあたります。
名ジャンパーのノーザンレインボーや、もう少しまともに走れたらトニービン産駒の中で一番強かったんじゃなかろうかと思うエモシオン、ダート中距離で走ったエアピエールと、いろいろなタイプの活躍馬を出している系統です。


イナズマアマリリスの祖・ウオーターミュージックは1950年代に導入された馬。
これまでこの系統からはアブクマポーロという地方の雄が出ましたが、中央の芝のチャンピオン級は出ていません。
道営デビューから中央のクラシック挑戦。祖母超え(祖母イナズマクロスエリザベス女王杯4着)はなるでしょうか。


桜花賞ブエナビスタの相手筆頭と予想したヴィーヴァヴォドカ(結果は12着)は、マイリーの系統。
ですが、イットー・ハギノトップレディダイイチルビーらの「華麗なる一族」とはマイリーの娘の世代で別れており、どちらかというとあまり華麗ではない一族。
母は新潟の直線1000m戦を得意としたトウカイステラで、母から受け継いだダッシュ力で一気の逃げ切りはなりますか。