読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンターズステークス出走馬を下から

秋のG1シリーズの第1弾。スプリンターズステークス


枠番 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 累代 近親
1 1 ヤマニンエマイユ 牝6 55 田中勝 ワンオブアクライン 3
1 2 アルティマトゥーレ 牝5 55 松岡 スキーパラダイス 3
2 3 トレノジュビリー 牡6 57 岩田 ガイタ 6 ×
2 4 キンシャサノキセキ 牡6 57 三浦 (外国産馬) 1
3 5 マルカフェニックス 牡5 57 福永 ミスカースティー 2
3 6 グランプリエンゼル 牝3 53 熊沢 ニアーリーズン 6 ×
4 7 シーニックブラスト セ5 57 ザーラ [外国馬]
4 8 アイルラヴァゲイン 牡7 57 津村 トキオリアリティー 2 ×
5 9 ビービーガルダン 牡5 57 安藤勝 オールザチャット 3
5 10 ソルジャーズソング 牡7 57 内田博 アイリッシュカーリ 2 ×
6 11 プレミアムボックス 牡6 57 鮫島 レデイチヤツター 6
6 12 カノヤザクラ 牝5 55 小牧太 ウッドマンズシック 2 ×
7 13 ローレルゲレイロ 牡5 57 藤田 セレタ 9 ×
7 14 サンダルフォン 牡6 57 四位 ソシアルバターフライ 5 ×
8 15 アーバニティ 牡5 57 横山典 レガシーオブストレングス 2
8 16 アポロドルチェ 牡4 57 勝浦 (外国産馬) 1


海外からの遠征馬を除くと、外国産馬高松宮記念が3頭、NHKマイルカップが1頭、安田記念が2頭、そしてこのスプリンターズステークスが2頭。短距離戦線でもマル外はずいぶんと少数派になりました。
それから今回は近親に重賞級の馬がいない馬が多い。このへんはスプリント戦ならではの傾向かもしれません。

アルティマトゥーレはこれがG1初挑戦。しかも上位人気になりそうです。
弟のキャプテントゥーレ・従弟のゴールデンチケットと今年重賞を勝った馬が近親に揃っており勢いのある一族の出身です。

サンダルフォンは夏に北九州記念を勝って、6歳にしてこちらも初のG1挑戦。
「トウショウ」のゴッドマザーであるソシアルバターフライの末裔です。
弟のダイシングロウと共に、オープンクラスに入ってから足踏みが続いていましたが兄はひとつ壁を越えました。G1では果たしてどうでしょうか。

豪州からの参戦となるシーニックブラストは、母はオーストラリアンオークスの2着馬で、兄には豪G1馬もいる血統。こちらも注目。