読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞(秋) 予想

せっかくの天皇賞ですが、先週大ハズシをしたので、今週は小さく遊ぶ週。
週初めの出走登録をながめて、「エイシンデピュティキャプテントゥーレの逃げならスローペース必至、ウオッカもヘンな負け方するかも」などと思っていましたが、枠順が決まって話が変わりました。
コスモバルクが最内枠。ここならある程度位置を主張せざるをえなくなります。
加えてマツリダゴッホも先行策を示唆。アサクサキングスもいますし、上がりだけの競馬にはおそらくならず、締まったレースになるのでは。


本命は◎ウオッカ
毎日王冠の負け方が去年より悪いとか、5歳秋を迎えて上がり目がないとか、本当の狙いは去年負けたジャパンカップだとかいろいろ言われていますが、やはり力は最上位。
レースが平均ペースになるのはこの馬の望むところですし、馬場状態から考えると去年と同じような好時計で走破できるのでは。
それから角居調教師はここまで活躍馬を数多く育てているのにもかかわらず、「本番にあわせて仕上げる」みたいなものが見えないトレーナー。調教を見てもここが狙いかどうかはよくわからず、いつも勝負気配が感じられないので難しい方です。「本番は次」と思う向きが多いなら、逆にここが馬券の狙い目なのではと考えます。


ウオッカ
ヤマニンキングリー (前々走に仕上げすぎていたので前走の敗戦は予想通り。叩いて一変期待)
オウケンブルースリ (前走は単に展開に恵まれたものではないと判断。しかし予想以上に人気になっている、少し買いにくい)
△シンゲン (オールカマーが案外だったのでちょっと狙いを下げたが左回りなら外せない。こちらも予想以上に人気だな)
△サクラオリオン (時計勝負はやや不安も、夏に力をつけた)
アドマイヤフジ (鞍上・スミヨン騎手に期待)
サクラメガワンダー (展開は向きそう)
ドリームジャーニー (万一上りの競馬になったら浮上)


三連複1頭軸で○▲△の相手が本線で、抑えに展開が違った場合の◎−注の馬連、などと考えていますが、どうなりますか。