読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルチャンピオンシップ 予想

安田記念の1〜3着馬(ウオッカディープスカイファリダット)が不在。
昨年優勝のブルーメンブラッドも2着スーパーホーネットもいない。
キンシャサノキセキはここを回避して香港へ。
3歳馬の参戦も2頭だけ。
マイルチャンピオンシップ出走表を見て、「あれ今の芝マイル路線ってこんなメンバーだっけ?」と思ってしまいました。
が、それでもG1を2勝しているトールポピーが除外されるくらい、直近で賞金を稼いでいる馬が揃ったわけですから、一概にレヴェルの低いメンバーと言い切らないほうが良いかもしれません。


一応人気を背負うことになるのは、天皇賞を勝ったカンパニーになりそうです。
ただこの馬の勝ちパターンは、ある程度好位置で流れにのって、中盤でラップタイムが落ちるような展開で脚を溜めて、上がり33秒台で前の馬を捕まえる形。
秋の天皇賞はこのG1にしては珍しく中盤ゆったりと流れた上、(鞍上の好騎乗もあって)道中内ラチ沿いで脚を溜めてから、直線はスムーズに外に出てスパートと、理想的な展開。
距離短縮に加えて、1番人気でマークされる今回は前回ほどうまくはゆかないのでは。
馬のキャラクターとしても、「G1で主役を張る」馬というタイプではない印象。
今回は引退レースでもありますし、無事にまわってきて4着というのが妥当なところでは。馬券的にはオッズ次第の押さえで。


注目は、今回まったく人気がないファイングレイン
今年は3回走ってすべてフタ桁着順。ただ、これは1200〜1400m戦での成績。自身は高松宮記念を勝ってはいるものの、本来はマイルから中距離戦が向きそうな血統。
特に前走は悪癖の出遅れが響いてまったく競馬しておらず、マイル戦になって一変して粘り発揮しても不思議ではありません。
そういえば昨年3着の成績はカンパニー(4着)より上。
どう買っても好配当が見込める状況で一発に期待します。


外国から参戦の2頭では、配合だけ見るとサプレザの方が上。ただし、欧州型マイラーの重厚さゆえ、臨戦過程や中間の稽古で充分に体を作ってからでないと力を発揮できないかも。
はるばる遠征してきて即本番というのは不向きに見える上、これまでホームのフランス以外ではドーバーの向こうのイギリスまでしか出向いていない経歴なので、今回はやや厳しいと判断。
むしろ遠征経験豊富で、日本向きの血も持っているエヴァズリクエストの方が、馬券的にも面白いと思います。


ファイングレイン (久々マイル戦で期待)
スズカコーズウェイ (叩き3戦目、前2走は着順ほど内容は悪くないと思う)
▲アブソリュート ("もう一丁"があるか)
△エヴァズリクエスト (外国馬ではこちらが妙味)
スマイルジャックストロングガルーダ、サプレザ、カンパニー