読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェブラリーステークス 予想

さてフェブラリーステークス


芝戦線からまわって来た馬が5頭。
血統面ではどの馬もダート適性がありそうですが、初ダート・あるいは久々のダートなので、やや割り引いて考えることが必要でしょう。
また、リーチザクラウンにはマイルは忙しい感じがしますし、逆にローレルゲレイロにはマイルは長すぎる条件。外枠を引いて芝スタートの恩恵を多めに受けますが、「いつものダートのレースと違う流れを作る」以上の役目は期待できないのでは。
5頭の中では、レッドスパーダのみ少し注目しています。
東京の芝のマイル戦を連勝中。ゴリゴリと先行して最後までスピードが衰えない持続力がある馬という印象で、ダートは向きそう。


中心は、やはりエスポワールシチー
去年は勝ちにいった競馬で4着に敗れましたが、その後の戦績は4連勝・しかも完勝続き。
速いペースで先行しても、直線もうひと伸びして押し切れる力がありますし、ハナにはこだわらない自在性も備えています。人気でも馬券はこの馬中心で。


去年の優勝馬サクセスブロッケンに関しては、鞍上の内田博幸騎手の状態が気になるところ。怪我で休んでいてまだ万全の状態ではないとのことで、この起用が悪い方向に向く可能性があります。
それがなければエスポワールシチーとの1点勝負でもと考えましたが。。。


エスポワールシチー (このメンバーでも力量上位)
サクセスブロッケン (東京大賞典の出来に人馬があれば勝ち負けか)
レッドスパーダ (初ダートで馬が戸惑わなければ先行力魅力)
グロリアスノア (ダート上位級の先行馬相手に差し馬は厳しいかもしれないが連下なら)
テスタマッタ (こちらも差し馬、相当に上がりがかかる流れなら)
△ スーニ (この馬は買いどころが難しい、マイルが長いということはないと思うが果たして)