読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚記念 予想

さて宝塚記念
確たる逃げ馬不在で展開は不透明。一発を狙う馬が注文つけて先行する可能性もなくはないですが、予想はスローペースからの上がり瞬発力勝負になるとの読みで組み立てます。

まずは昨年の勝者ドリームジャーニーの取捨から。
ドリームジャーニーにとってスローの上がり勝負はかつては得意のパターンでしたが、まさにその昨年の宝塚記念以降、どうも平均ペース向きに転向したような印象。
実際、有馬記念の快勝に対して京都記念ではキレ負けて3着でしたし、横綱相撲で「格で勝つ」タイプでもないだけに、今回のレースにピタリと嵌まるかは微妙なところ。
ただし、得意の阪神コースで斤量も1キロ減るのは買い要素。さらに、球節炎の影響からか人気が落ちているようですので、一応抑えることにします。

その京都記念ドリームジャーニーにキレ勝って2着に入ったのがジャガーメイル
今までは好走するも結果いまひとつ、という成績が続いていましたが、今回は天皇賞馬の称号とともに参戦。
この中間も稽古はよく動いているようで体調は良さそうですが、春の天皇賞はややメンバーが軽く、好走の京都記念でもブエナビスタに及ばなかった馬。軸として信頼するまではどうでしょうか。

前2者を破って京都記念を勝ったのがブエナビスタ
ドバイ遠征からの帰国初戦となったヴィクトリアマイルは辛勝。
昨年から連戦できているところに海外遠征の疲労が重なって、調子が下降していたのだろうと思われます。
この中間の稽古で前走時よりも良化していると伝えられていますがどこまで。
牡馬相手で格負けするような馬ではないですが、前走よりは強い相手になることは間違いなく、人気面を考えると馬券が買いにくい1頭。

今回は少しだけひねって◎アクシオン
2年もの長期休養から帰っての昨冬の連勝。4年前の菊花賞で分厚く買っていた分をやっと返してもらいました。
5ヶ月の休養を挟んでの金鯱賞では仕上がり途上で惨敗しましたが、1回叩いて調子も上向きの模様。
軽い馬場の平坦コースよりはタフなコースの方が向きそうですし、今回のレース設定なら、2度敗れているアーネストリーよりは上位に来るのでは。
あとはフレッシュさとレース展開への柔軟さで、実績上位組を凌ぎきれるかどうか。

アクシオン (「サンデーサイレンス最後の大物」となるか)
ブエナビスタ (調子落ちがなければ距離延長で完勝もありか)
ジャガーメイル (ウィリアムズ騎手は今年の勝負をこの馬に賭けていそうだなあ、などと)
ナムラクレセント (ここ数戦は不完全燃焼、スムーズに走れれば)
ドリームジャーニー (抑え)

馬券は買い方が難しいなあという印象。
名前を挙げなかったものの伏兵としてアヤシイ馬も多く、連単系よりは複勝・ワイドで買おうかと思っています。