読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菊花賞 予想

さて菊花賞
ダービー馬・エイシンフラッシュが出走回避ということで、前日売りでは抜けた人気でローズキングダムが買われている模様。


近年の菊花賞が「上がり3ハロン勝負型」か「上がり4ハロン勝負型」になっているという話は例年書いています。
昨年の場合は、逃げたリーチザクラウンは別として、大方の馬は残り4ハロンから仕掛けたものの終いまで伸びきれず、仕掛けのタイミングを少々我慢したスリーロールスとフォゲッタブルが1,2着というようなやや変則パターンのレースでした。
そのフォゲッタブルに乗っていたのが吉田隼人騎手。読みとしては「正解」を引いたのにもかかわらず、初手の位置取りの差(スリーロールスの方が道中2馬身前方で折り合っていた)が最後まで効いてしまった為に勝利に手が届かなかった形。
今年は今のところ単勝2番人気で展開のカギも握りそうな上がり馬、トウカイメロディの手綱を取りますが、果たしてどう乗るのでしょうか。僕個人としては、自分から動いて目標にされるよりは他の馬の動きを見る方を選択しそうな気がしているのですが。


トウカイメロディの他でも、今年は残り800mから出し抜け的にスパートをして押し切れるほどの持続力型の馬がいないように見受けられるので、今年の菊花賞は「上がり3ハロン勝負型」になるのではないかと予想します。


注目は◎ローズキングダム
僕が個人的に菊花賞の予想で最も重要視しているレース、皐月賞では4着。
レースの進め方も理想的なものとは言い難いですが、あの時は橋口調教師が泣きを入れるほどの状態。(ちなみに、あの”泣き”は結局何が原因だったのかわからないのですが。。。)
能力の高さはダービーや朝日杯を見ても明らかで、超スローペースでも折り合える馬ですから淀の3000mでも不安は少ないと思います。
ゲートも真ん中の偶数枠を引きましたし、鞍上が武豊騎手なら道中も消耗少なく走ってゆけるのでは。


他では○クォークスター。
3000mという距離にはおそらく向かない中距離馬タイプですが、折り合いには苦労しない馬ですし、鞍上も折り合いについては巧い印象の藤岡佑介騎手。
この馬の弱点は、騎手がゴーサインを出したところで反応よく動けない点で、だから良い脚を使っても少し届かないレースが多いのだと思っていますが、そういった点では、前回の中山外回りに続き、3コーナーから下り坂になっていて勢いを徐々につけやすい京都コースは良い条件なのでは。
また藤岡佑介騎手には「スタート直後にポジションを獲りにゆくのが巧くない」という印象を持っていましたが、今回は絶好の内枠。無難にゲートを出て馬ナリでラチ沿い好位につけられれば多少の距離の不安はごまかせる筈。


ローズキングダム (地力上位。皐月賞馬・ダービー馬不在なら人気も仕方がない)
クォークスター (エアシャカール武豊騎手のように15番枠から内へ潜りこませるという芸当はこの騎手にはちょっと期待しにくいですが、この枠なら。。。)
トレイルブレイザー (仕上がり途上の前々走はビッグウィークに完敗も、前走はピタリ折り合って良い勝ち方。スムーズに競馬できれば上位狙える)
ヒルノダムール (皐月賞最先着馬)
△ビッグウィーク (先行粘りこみ警戒)
ネオヴァンドーム (近走一息だが、Hyperionがたっぷりで菊花賞で狙って面白い血統)
注ミキノバンジョー (成長途上の馬だが面白い血統)


馬券はローズキングダムからの流しと、それに加えてクォークスターの単勝という予定。