読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞 予想

桜の花も間に合ったか、今年の桜花賞

今年の春競馬は雨に祟られ続けて時計のかかる馬場が続きました。スローペースからの瞬発力勝負の馬や、快足を利して高速馬場を逃げ切るような馬はトライアルで権利を掴む事ができず、ジリっぽくも力の要る馬場でバテない馬が顔を揃えた様に思います。

この週末は晴れて良馬場開催にですが、それでも今の阪神コースは時計のかかる仕様になっています。
力の要る馬場での消耗戦からの決め手比べという、3歳牝馬には厳しい戦いになると思います。

注目は◎ジョワドヴィーヴル
抜けて強い存在とは思いませんがこの馬を一番手に。
昨年の阪神ジュベナイルフィリーズは緩急の小さい通過ラップから鋭い決め手を発揮しており、イメージしているレース設定には一番合っていると見ています。
おそらく直線入り口では外を回って来ると思いますが、差し比べならこの馬が一番前に出るのではないでしょうか。

怖いのは大逃げの奇襲や、内ラチ1頭分を通ってくる馬か。
前々走の逃げが鮮やかだったメイショウスザンナ、内ラチにこだわる競馬をさせたら怖い安藤勝・北村宏両騎手のプレタノート・パララサルー、1枠を引いたダームドゥラック・エピセアロームを警戒します。

ジョワドヴィーヴル
○ メイショウスザンナ
▲ プレタノート
△ パララサルー、ダームドゥラック、エピセアローム
ジェンティルドンナ (イン差しの岩田騎手なので)

ジョワドヴィーヴルの単勝と3連複1頭軸流しを考えています。