読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有馬記念 予想


エイシンフラッシュデムーロから三浦へ騎手変更という衝撃から始まった有馬記念の朝です。
人気の上ではゴールドシップルーラーシップと「3強」の体をなすはずだった馬の乗り替わりで、オッズがどう動くか不透明になってきました。

オルフェーヴルジェンティルドンナフェノーメノという大駒が回避した上、舞台はコーナーを回り続けるトリッキーな中山コース。道中どう流れるか予想しづらいです。

注目はダークシャドウ。
東京競馬場への適性を見込まれて、中山では1戦(セントライト記念5着)しか使われていませんが、右回りがダメというタイプでもないでしょう。
ジャパンカップ4着で距離に目処もつき、ここにきて攻め強化。上がり目も期待できそうです。
決め手の爆発力ではメンバー最上位。
テン乗りではありますがムーア騎手の腕にも期待します。

ビートブラックがあっさりハナを切って隊列がすんなり決まるなら、この馬の残り目は充分。仮にアーネストリーがハナに行っても、2頭は同じ馬主ですから妙にやりあうこともないでしょう。
土曜の馬場からだいぶ乾いているとは思いますが、直線坂を登ってからひと踏ん張りが必要な馬場。春の天皇賞で見せた渋とさを発揮すれば、再び戴冠も。

先週時点では本命にしようと思っていたルルーシュは、大外枠を引いて狙いをやや下げます。
ただ、1週前追い切りでの首の使い方などを見ると、重賞を勝ってさらに成長しているようにも見受けられます。
来年への期待も込めて、馬券は抑えます。

◎ ダークシャドウ
ビートブラック
▲ ルルーシュ
ローズキングダム (最内枠・岩田騎手への乗り替わり・稽古の動き良化で、復活あるならここかも)
△ ダイワファルコン (鞍上の”内ラチぴったり”作戦に期待)

今回は波乱アリと見込んで穴狙い。
ダークシャドウの単複、ローズキングダム複勝、それと5頭のワイドボックスなどを考えています。