読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月賞 予想

牝馬も牡馬も混戦模様の今年のクラシック。
ただ先週の桜花賞とは違い、皐月賞は天候に恵まれて良馬場。速い時計の決着になりそうです。


皐月賞トライアルのうち、メンバーが揃い好時計の決着になったのは弥生賞
勝ったカミノタサハラは、スローペースから早めに仕掛けるも、馬の反応が悪く伸びてきたのは直線坂下から。
それでも差し切るあたり能力はあるのでしょうが、動きたい時に動けないのは皐月賞という舞台では大きくマイナス要素になりそう。
稽古を見ていると広々としたコースの方があっている感じで、ここよりダービー向きかも。
2着ミヤジタイガは立ち回りのうまい善戦マンで、連複系を買う時は押さえておきたいですが、勝ち切るには決め手不足か。
3着コディーノと4着エピファネイアは折り合いの不安が解消されず。2歳時に見せた末の斬れ味は忘れてはいませんが、「じわっと進出する」ような脚が使えないのでいちかばちかの競馬になりそう。


一方、万全の横綱相撲で楽勝したのが、スプリングステークスのロゴタイプ。
勝ち時計1分47秒8は一見すると好時計に見えますが、当日の馬場状態を考えると水準並み。
当日の他の出走メンバーとは力の差があり、昨夏の札幌2歳ステークス(レースレコード)でコディーノに0秒7差つけられたことを踏まえると、1800m・そして今回の2000mでは弥生賞組に分がありそう。
ただし、一長一短の弥生賞組に比べると安定感はこちらが一段上。
買うならダービーよりこちらなのでしょうが、前半うまく乗り切るかがカギか。

若葉ステークス勝ちのレッドルーラーはもっと距離があった方が良いタイプ。
ここで4着以内に入れるならダービーで買いたいと思っています。


さんざん迷った挙句、人気(配当)面を込みで狙ってみたいのがコパノリチャード。
アーリントンカップ1着からの転戦は異端のローテーションになるでしょうが、スッと好位につけられて終いまでしっかりしているところはロゴタイプ以上にセンスを感じます。
今回はクリノヒマラヤオー・ナリタパイレーツ・マズルファイヤーと逃げ馬が揃って前半から速くなりそうですが、前走では番手からの競馬を覚えさせるために序盤無理やり抑えたところがあったので、かえって走りやすくなるのでは。
あとは未経験の距離が問題ですが、血統面ではおそらく問題はないはず。
巡航スピードの速さではメンバー屈指の馬なので、内田博幸騎手がうまく導いてくれれば。。。



◎ コパノリチャード
コディーノ、エピファネイア、ロゴタイプ、カミノタサハラ、ミヤジタイガ


△に多数並べてしまいましたが、馬券はコパノリチャード複勝狙いで考えています。