読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優駿牝馬 予想

さてオークス

今年は距離経験馬が1頭いますが(セレブリティモデル)、殆どの3歳牝馬にとっては未知の領域になる府中の芝2400m。

血統面からみて将来は距離を克服しそうな馬もこの時期はだいたい成長途上なので、「全馬がバテる」という想定で予想します。

すると浮上するのは、1マイルのレヴェルの高いレースでスピード能力(速さ、持続力)を示した馬、、、桜花賞上位組。バテきる前に距離を稼ぐ、というイメージ。

 

というわけで中心視しているのは、アユサン・レッドオーヴァルの桜花賞1・2着馬です。

腰に疲れが出やすくて坂路調教ができなかった馬が、調教スタッフの工夫も奏功して3歳春に急成長し、桜花賞を勝つまでに強くなった。桜花賞でのアユサンは7番人気の伏兵馬でしたが、こういう馬はたとえ他からのマークが厳しくなっても軽視できません。

桜花賞トライアル後に良化著しく強い調教ができるようになったとか、桜花賞の前に知っていればなあ。。。あの12キロ減の理由はそのあたりだったか。)

一方のレッドオーヴァルは桜花賞ではいったん先頭に立った馬。桜花賞を含めキャリア5戦すべてで上がり3ハロン最速をマークしており、決め手ではアユサンより上。半兄は安田記念勝ち馬(ストロングリターン)ですがマイルまでの馬ではなく、折り合いもつく方。ゲートで2度ほど失敗していますが、逆に挽回する可能性が増すと考えれば距離延長はプラスでしょう。

 

ただ不安なのが今日の馬場。

良馬場なのですが芝丈が長く、若干力馬向きなコンディションの上に、風も強い。

後肢に不安のあったアユサンや、馬格のないレッドオーヴァルに嵌まる舞台ではなさそうです。

速い時計の決着にはなっているのでまったくの不利というわけではなさそうですが、どうなるか。。。

 

良で力の要る馬場、前出2頭とは違う脚質の馬という視点で一角崩しを考えた時に浮上するのが、サクラプレジール。

軽い馬場で上がりの時計勝負には向きませんが、前々につけての体力勝負ならこの馬では。

桜花賞を回避したのでフラワーカップからここまで2ヶ月じっくり調整し、体調も良さそうです。

 

◎レッドオーヴァル

○アユサン

▲サクラプレジール

 

他の出走メンバーでも、距離延長どんとこいなトーセンソレイユや2歳女王ローブティサージュ、展開に注文はつくが末脚堅実なプリンセスジャックに、フローラステークス組と気になる馬は多々いますが、今回はとりあえず3頭で。

馬券は3頭のワイドボックスなどを考えています。単勝がどれも5倍以上ついているので、パドックを見て買い足すかも。