読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸四郎の大仕事、メイショウマンボ

 

メイショウマンボ、鋭く力強い末脚で混戦オークスを断つ

http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/oaks/result/oaks2013.html

 

 

仕事やらPOGの準備やらで忙しくしていました。もう土曜日。忘れる前にメモしておきます。

クロフネサプライズの逃げは1000m通過59秒6。馬場を考えると、古馬ならなんてことはないペースでしょうが、この時期の牝馬としてはハイペース。飛ばして逃げたクロフネサプライズも、離れて続いた後続も後半は失速していました。期待していたサクラプレジールも、今回はダメでしたね。やはり3歳春の東京芝2400mは牝馬にとっては厳しい条件。

前の方にいた組で残ったのは5着のフロアクラフト。これは兄のホーカーテンペストもそうなのですが、キレはなくてもバテない。渋とい脚の良い馬ですね。

道中の位置取りはデニムアンドルビーは最後方待機、アユサンは中団馬群の中。そのアユサンの内にぴったりついていたのが、勝ったメイショウマンボでした。

速い時計は出ていたものの、芝丈が長く少々力の要る馬場だった今回。Kingmambo、キーフライヤー(ダンシングキイ全妹)、グラスワンダーなどなどの血を受け継いだメイショウマンボにはうってつけの舞台だったでしょうか。直線に向いてから先頭を奪うまでが非常にスムーズで力強く、追走してくる他馬より余裕があるように見えました。

桜花賞馬アユサンは4着。勝ち馬、2着に食い込んだフロアクラフトと同じような位置から追い出されていましたが、最後はやや離されました。力は出せたと思いますが、タフな馬場に少々泣かされたか。以後はもう少し短い距離の方が戦いやすそうですね。

1番人気のデニムアンドルビーは最後猛追してきましたが3着まで。動き出しのタイミングは悪くなかったと思いますが、直線向いたときにまだ前とは差があったのはどういう理由だったか。調子のピークを越えていたのかもしれませんね。

本命視していたレッドオーヴァルは17着。残り200mぐらいまではまだ脚色よかったのですが、そこからバッタリ。完全にバテていました。夏を休みにあててもらって、また秋に期待します。