読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝日杯フューチュリティステークス 予想

先週は予想に近いラップでレースが流れたものの、疑問視した人気馬2頭が1・2着という結果。ホウライアキコはテンション高めながら流れに乗れていたと思ったのですがねえ、、、完敗でした。

 

今週は中山芝1600mコースでは最後となる朝日杯。

トリッキーな形状の中山マイルでまぎれも多く、内枠有利が定説。

この世代の牡馬は2歳重賞を牝馬に次々勝たれており、ここに出走の重賞勝ち馬は地方公営の重賞を除けば牝馬のベルカントのみ。

人気上位には血統面でも見るべきところがある馬が揃っていますが、波乱含みであるということを頭において買ってみたいと思います。

 

南関・川崎に移籍してから初戦となるプレイアンドリアルは先行して末までしっかりと脚を使うタイプ。アトムは中団からの競馬が続いていますがジリジリと終いまで長く脚を使うタイプで、両者の色は少々違いますが、ともに瞬間的に鋭い脚を使うタイプではありません。

 

ここまで外枠でなければ中心視するつもりだったウインフルブルームは、これも平均的に早いラップを刻んで終いまで粘る先行馬。

将来的には古馬のマイル戦線で、レースを締める逃げで好成績を挙げてもらいたい馬ですが(コンゴウリキシオーみたいな)、今回は内に他の逃げ先行馬が揃って自身が外枠。

期待も大きいのですが、中1週で初の関東遠征という点も不安。

 

今回はスパッと切れる脚が使えるタイプの内差しが面白そうと見て、買ってみたいのがツィンクルソード。

瞬間的な加速力があり、狭いところに割って入る精神力も持ち合わせているのが魅力。

前走は意外や序盤から先行する形になりましたが、直線他を突き放す脚はなかなかでした。

今回は大分相手も強化されていますが、主戦・福永騎手に戻って、中団で流れに乗れればチャンスありとみました。

 

◎ツィンクルソード

○ウインフルブルーム

▲プレイアンドリアル

△アトム、ベルカント

注グリサージュ

 

「ニックス」と呼ぶには足りない部分もあるのですが、クロフネバブルガムフェローの組み合わせは好相性。これに該当するグリサージュは牝系も筋が通っており、先々はダート向きかもしれませんが、2歳戦なら大駆けがあっても。

 

馬券はツィンクルソードの単複と三連複流しを考えています。余裕があればウインフルブームの単とグリサージュの複も。