読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞 予想

さて今年もクラシックの季節。まずは桜花賞

今年はハープスターが断然の人気で、2歳女王レッドリヴェールがやや離れた2番人気。阪神ジュベナイルフィリーズで2頭と差のない3着だったフォーエバーモアが続くもこの馬からは単勝10倍超。最終的には出走メンバーの半数近くが単勝100倍超になりそうな偏りになっています。

 

さてそのハープスター。

今年の初戦のチューリップ賞は、道中後方2番手からの大外ひと伸びで楽々勝利。

毎回出色の末脚を繰り出すこの馬が大外枠を引いたので、やることはもう『後方待機からの大外一気』の決め打ちになりそうです。

一方で、土曜日の阪神の芝コースは速い時計がやや出やすくなっており、これは前目で流れに乗った馬の方に向いたコンディション。ハープスター陣営にとっては歓迎材料ではないでしょう。

チューリップ賞を見ると他と末脚のレヴェルが違いすぎるので後方に沈むということは考えにくいのですが、今回は前を捕まえるのに苦労するかもしれません。

 

レッドリヴェールは3戦無敗で今年の初戦。

ここまで一走ごとに約3か月の間隔を空け、今回は4か月ぶりでぶっつけ本番。

強めの近親交配の血統面からも、プレップレースを使わずに大一番へじっくりと調整するという選択は悪くないと思います。(次走はダービーという話が出ているのもオークスより1週間後になるからかも)

馬場の向き不向きについてはこちらも微妙。ハープスターよりは前目で競馬をすることになるでしょうが、こちらも中団から末を活かすような競馬が向いているのでどうなるか。戸崎騎手の方が川田騎手よりは柔軟にやりそうではありますが。。。

昨年から馬体が大きくなっていないようなのも気になります。

 

フォーエバーモアは、前述2頭よりさらに前での競馬になるでしょうが、自分から動いて行った時の迫力にはやや欠けるか。

ホウライアキコは当日輸送が苦手なクチ。ここで掲示板に載るぐらい走って次走NHKマイルカップならそちらで抑えたいと思います。

レーヴデトワールは条件ガラリ一変の距離短縮で面白そうですが立ち回りはやや難しそう。

フクノドリームは芝マイルでの実績面では見劣りしますが、今回は横山Jr.騎乗でおそらくハナを切るのはこの馬。ここまで人気がないならそっと複勝を仕込んでおこうと思います。

 

◎ ハープスター

注 フクノドリーム、レーヴデトワール

 

結論としては、前走よりは接戦になるかもしれませんが、ハープスターが勝つのではと。単勝で1.5倍以上欲しいところですが、たぶん1.2~1.3倍ぐらいしかつかないので買いづらく、ヒモでよくわからないのを連れてきそうなので連勝式は絞りづらい。

何か馬券を買うなら、フクノドリームの残り目狙いと、ここで権利をとれれば(逆に距離延長になる)オークスで面白そうなレーヴデトワールの流れ込み狙いで2頭の複勝あたりを。。。

さてさて、どうなりますか。