読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月賞 予想

先週の桜花賞はハープスターが差し切ったわけですが、予想通りの僅差で2着とはタイム差なし。それで単勝配当が1.2倍だったわけなので、まずまず順当な入着順ではありましたが、買いにくいレースでした。

所感としては、複勝を持っていたフクノドリームが直線まで引き離して逃げて(結局は失速してしまったものの)楽しかったなというのと、ホウライアキコ・レーヴデトワールの頑張りに『次』が期待できそうだというのと、でもその2頭の順番が逆ならデーヴデトワールがオークス直行できたのにという残念感と。

 

さて今週は皐月賞

こちらの方は混戦模様で、どこから買ってもそれなりに配当がつきそうなメンバー構成。

4連勝中で弥生賞を勝ったトゥザワールドと、3連勝中の2頭、イスラボニータとトーセンスターダムあたりが上位人気になりそうですが、どの馬も単勝3倍を切ることはなさそうです。

コース状態は、先週の中山芝が久々の高速馬場。連続開催も終わりに近づいたというのに近頃にない速い決着のレースが続出しました。今週は金曜に雨が降ったので土曜日の馬場傾向も気にしていたのですが、レース数自体少なく、芝の2000mの二鞍は前半ペースがかなり遅く参考にしにくかった上、風も強くて判断の難しい状況。。。

ただ日曜日いっぱいは天気がもちそうなので、良馬場でのレースになりそうです。

 

注目はウインフルブルーム。

前走の若葉ステークスは2着。レース中盤まで脚を溜めすぎた印象でした。

2ヶ月ぶりで先を見据えた仕上げ、初の2000m戦など理由は考えられますが、この馬は上がりの競馬よりは淀みない流れで粘りの競馬をさせた方が味のある馬。後方待機の馬の脚を削れず、差しが決まる馬場で決め手が甘くなってしまったのが敗因でしょう。

今回はバンドワゴンもミッキーアイルもいないメンバー構成。他馬を気にせず序盤から先行することになりそうで、馬場が乾いて軽い馬場になっているようならチャンス大。

 

相手は消耗戦に強いトゥザワールドに、若葉ステークスでウインフルブルームに先着しているアドマイヤデウスが本線。

アドマイヤデウスはどちらかというと奥手な配合な上に6月生まれで、3歳春にこれだけ走っているのが驚きなのですが、ここ2戦での成長ぶりが目につきます。器用さも力強さもなかなかのものなので、中山コースが初めてでも狙ってみたい1頭。

スプリングステークス組よりは、弥生賞と若葉ステークス組を重くとって買い目を決めたいと思います。

 

◎ ウインフルブルーム

○ アドマイヤデウス

▲ トゥザワールド

△ ワンアンドオンリー、アデイインザライフ、タガノグランパ、キングズオブザサン

 

馬券をどう買うかはまだ決めてませんが、今回は買い目は多くなりそうです。