読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安田記念 予想

さて安田記念

今週は雨続きでおそらく日曜の府中の芝は不良馬場でしょう。

マイル戦線は慢性的に主役候補が不足していて、今回も抜けた1番人気は1800~2000mがベストと思われるジャスタウェイ。世界最高の評価を受けた馬なのでこれは仕方ないとしても、次の人気が3歳馬ミッキーアイル、レーティングでの離れた次位評価が昨年・一昨年の安田記念で二桁着順の香港馬グロリアスデイズというのはちょっとさびしいところ。

同世代相手には逃げて連勝しているミッキーアイルですが、古馬を相手にすると今までのペースは遅すぎるので、他にハナを譲る形になるかもしれません。3歳春での古馬挑戦で自分の型を崩すのは、好結果を予想しづらいです。

これに変わってペースを作るのがレッドスパーダカレンブラックヒルあたりではないかとみますが、どちらにしても激しい流れにはならないでしょうし、不良馬場で時計がかかるなら、軽快なスピード能力は今回は重視しないで良さそうかなと考えました。

 

注目は最内枠グランデッツァ

3歳時はクラシック戦線で主役候補になるも、ダービーの後屈腱炎で1年半もレースから遠ざかっていたこの馬。復帰後はダート戦を2回使って、満を持しての芝出走になった前走が圧巻の走り。

マイル戦は普通なら忙しそうな印象ですが、1ターンの府中・不良馬場・ペースが落ち着きそうと条件が揃った今回は狙いどころとみました。

 

同じ5歳でグランデッツァと共にクラシック戦線を盛り上げたワールドエースも面白い存在ですが、こちらは大外枠で、不良馬場への適性もグランデッツァより劣りそうな分、狙いを下げた格好。但し、決め手が活きればアタマまであるかも。

雨で強そうなのはこれまた5歳のフィエロ。父がディープインパクト、母の全兄がロックオブジブラルタルという良血馬で出世は遅れましたが昨年秋から本格化。良馬場でスローの上がり勝負だとG1では少々厳しいかもしれませんが、今回の条件なら。

乗り替わりで多少予定が狂った感もあるジャスタウェイも『消し』まではどうか。

去年2着のショウナンマイティはまだ復調なってないようなので、3着のダノンシャークの方を抑えで。稽古の具合が良さそうな上、血統面では力の要る馬場が歓迎のクチで、ワイドでもそこそこ配当つきそうなも嬉しいところ。

 

グランデッツァ

ワールドエース

▲ フィエロ

ダノンシャーク

エキストラエンド (もっと長い距離の方が向いていると思うのですが馬場が極端に悪くなればこの馬が浮上しそう)

ジャスタウェイ

 

グランデッツァ複勝とワイド流しを中心に考えています。

府中の芝は雨が止むとレース傾向がガラリと変わるので、その時はまったく買い目を変えるかも。