読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャンピオンズカップ 予想

先週のジャパンカップ、注目していたトレーディングレザーはレース中に故障して競走中止予後不良の診断で安楽死となってしまいました。1コーナーで少し力んで走っているように見えましたが、そこまでの気配は良さそうだっただけに残念。ダービー馬が海外遠征して客死するというのは地元の人にはショックが大きいでしょうね。

エピファネイアの圧勝には驚きました。もともとメンタル面に問題を抱えていて自滅していたような馬でしたが、今回も道中かかっていたように見えて、でも直線突き抜けた訳で、今までの連敗は何だったのか。。。単に騎手の違いだけでもなさそうですが。

 

さて今週は第1回チャンピオンズカップ

距離は1800mのままですが、右回り阪神開催のジャパンカップダートから左回り中京開催に移り、コース形態が大きく変わることに。

中京ダート1800mの上級レースがこれまであまり多くなかったので、なかなか展開を想像しづらいのですが、直線坂下からスタートして序盤が登りになるのでスローペースになり、中盤下りが続いて3,4コーナーで馬群が凝縮して、直線は再び登坂でラスト1ハロンが時計がかかるというのがざっくりとしたコースの特徴でしょうか。

スローのわりに先行馬に苦しく、スパッと斬れる馬よりはジリ脚でも長く脚を使える馬の差しが決まりやすい、というイメージ。

 

注目はインカンテーション。

広い左回りコースという舞台を考えると、地方交流を連戦している組よりは、中央で善戦を続けている組を上位にとりたいところで、中でもこの馬はダート1800m3連勝、うち左回り(新潟)での2勝が含まれ、終いしぶとく伸びる脚質も魅力。

新装舞台での決戦なので、鞍上とのコンビがずっと続いているのも好印象。

 

こちらも鞍上とのコンビが続くベストウォーリアも面白そう。

良績はマイル以下の距離に集中していますが、血統面からは1800mなら通用しそうで、こちらも左回りは得意。

 

米国からの遠征馬・インペラティヴは、追い切り軽くまったく目立っていませんが、Game On Dude に勝ってきた馬となれば、ムラ馬でも軽視禁物でしょうか。血統面では一発あってもおかしくなく、人気がないようなら面白い。

 

◎ インカンテーション

○ ベストウォーリア

▲ ローマンレジェンド (休み明けですが鉄砲駆け注意)

注 インペラティヴ

 

今週も混戦模様で、買い始めるとキリがないメンバー構成ですが、この4頭の馬連・ワイドボックスで狙いたいと思います。

インペラティヴの複勝は少額抑えるかも。