読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有馬記念 予想

さて年末のグランプリ有馬記念

 

G1勝ち馬10頭が揃った豪華な顔ぶれですが、牝馬勢を中心に、中山芝コースを経験したことがない馬が6頭。

今の中山はまず第一に馬力のある馬、次いで展開利のある馬、そして内枠の馬という見立てなので、前走に淀や府中でどれだけ好走していても、それだけでは狙いづらい印象です。

 

枠順ドラフトでわざわざ最内を引いたトーセンラーがハナを叩いて行くことも考えられますが、まずはヴィルシーナが引っ張る展開でしょうか。番手にエピファネイアが陣取るなら、極端なスローペースにはならなさそう。

 

注目はラストインパクト

春の天皇賞はスローペースで力を出せませんでしたが、今回は展開が向きそうです。

当時と比べると地力もつけており、実際重賞2連勝中。淀みない流れで力強く伸びた前走は好内容でした。

稽古もよく動いており、更に上積みが見込めそうです。

内に先行馬を見ながらの7番枠もマズマズ。

ディープインパクト産駒はこの中山開催で不振ですが、Pacific Princess ~ パシフィカスの牝系出身、おじにビワハヤヒデナリタブライアンがいるこの馬に関して言えば問題ないでしょう。

相手は強化されますが、ここでの初戴冠に期待します。

 

ラストインパクト

トゥザワールド

ゴールドシップ

ジャスタウェイエピファネイアウインバリアシオンワンアンドオンリー

ヴィルシーナ

 

馬券はラストインパクト複勝狙い。連勝系は薄く広くというイメージで。