読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィクトリアマイル 予想

先週のNHKマイルカップは、先行集団の内にいたクラリティスカイが、先に抜け出したアルビアーノをゴール前捕えて優勝。横山典弘騎手は天皇賞に続いて2週連続のG1勝利。

スローペースは予想していましたが、アルビアーノが2番手で脚を溜められてのスローペースでした。直線を向いて満を持して抜け出しにかかるアルビアーノに、こちらも中盤までポジションを取って無理に動かなかったクラリティスカイが迫って差し切り。

1・2着馬は前走からの成長が著しかった上に鞍上の判断も良く、展開まで味方につけての成績。本命視していたミュゼスルタンも中団で流れに乗れて上がり最速で追い込んできましたが、これでは3着まで。1・3着のワイドだけ的中(7.8倍、、、安かった)。

ミュゼスルタンはこの後ダービーに向かうようで、800mの距離延長は流石に厳しいでしょうが、今回の状態を維持できるなら、良馬場で上がり勝負になれば掲示板ぐらいは期待できそうです。

 

さて今週はヴィクトリアマイル

人気は牡馬相手に中山記念を勝ったヌーヴォレコルト

その前走は先に抜け出したロゴタイプ相手に内から並びかける岩田騎手らしい攻め方でのクビ差差し切り。単勝4倍台での3番人気でしたから伏兵とまでは言えませんが、今回のようにアタマ一つ抜けた人気で目標にされる立場となって連勝となるでしょうか。

力量上位ですが隙はあるように思えます。

 

注目はタガノエトワール。

前走準オープンを勝ち上がったばかりで、他のメンバーと比べると格で劣りますが、昨年5月デビューから1年でオープン昇級の上がり馬です。

昨年9月に未勝利を脱出すると、次走ローズステークスではヌーヴォレコルトの2着、さらに秋華賞では3着。キャリアは浅いながら能力のあるところを見せてきました。

ローズステークスや前走の難波ステークスを考えると、内回りコースよりは外回りコースで長く脚を使うことに長けた馬で、マイラーという印象ではありませんが、東京コースは向いていそうです。

2走前から追わせる川田騎手とコンビを組んでいるのも好印象で、中間の気配も良く、絶好の内枠を引きました。今回は狙い目。

 

◎ タガノエトワール

ヌーヴォレコルト

スマートレイアー

△ ディアデラマドレ、ケイアイエレガント、ベルルミエール

 

波乱含みと見て馬券は複勝中心で買おうと思っています。