読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパンカップ 予想

先週のマイルチャンピオンシップは、モーリスの勝利。

前半の入りがまさかのスローペースで、しかも本来ならばこの展開は勝機なはずのイスラボニータはスタートで遅れて後方から。これはいったいどうなっちゃうんだろうと思っていたら、鮮やかに伸びてきたのは安田記念馬でした。

休み明け初戦のモーリスは見た目にもデキ今一つに見え、しかも道中後方に位置していましたから、この勝ち方は強かったですね。

フィエロも巧く立ち回ったように見えましたが、またしても2着。ヴァンセンヌとダノンシャークは位置取りが後ろすぎで、モーリスほどの破壊力がありませんでした。

 

さて今週はジャパンカップ

外国馬は4頭。逃げ馬イトウの出方は気になりますが、日本に来ての多頭数、今までのようには楽には逃げられないでしょう。日本の馬場適性ということではイラプトが最も向いていそうですが、府中の2400mではあと一押しが不足しそうです。

今年は日本馬を中心に。

 

アドマイヤデウスがまたしても外枠を引いてしまいました。2000m戦ほどではないにしても、やや不利な枠順ですが、馬の調子自体は良さそうです。

体調さえ整えば、良馬場の時計勝負・2400mへの距離延長は好条件ですので、一発が期待できます。

 

秋の天皇賞で本命視したラストインパクトはなかなかの3枠6番。今回はムーア騎手にスイッチしての大一番です。前走は内ラチにぶつかったり、馬群に包まれたりでまったく力を出せずの敗戦でした。出直しの一戦で改めて期待。

後ろすぎない位置で、長く脚を使うようなレースをイメージしていますが、名手ムーアの手綱さばきはいかに。

 

秋華賞を勝ったミッキークイーンは一気の相手強化ですが負担重量53キロが魅力。

アドマイヤデウス・ラストインパクトが好走するなら締まった流れになるでしょうから、そうなれば秋華賞の厳しい流れを差し切ったミッキークイーンにも印を回さなくてはいけないでしょう。

思っていたよりも人気していてオッズが低いのが辛いところですが。。。

 

日本の大将格・ラブリーデイは秋3戦目。本来は連戦に向かないタイプと見ているので、崩れるとしたら距離延長・極端な枠の今回かなと見ています。スローで折り合ったらアッサリ勝ってしまうかもしれませんが。

ゴールドシップは府中適性云々よりも時計勝負への対応に疑問視。気分屋ですし印は回しづらいです。

イトウ・カレンミロティックあたりの先行で締まった流れ期待して。。。

 

◎ アドマイヤデウス

ラストインパクト

▲ ミッキークイーン

ヒットザターゲット(内枠が良かったが・・・)

ジャングルクルーズ(じわじわ本格化)

注 ラブリーデイ

 

馬券はワイド中心に。まったく人気がないですが、ジャングルクルーズは力をつけていると思うので走りに注目しています。