読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年 私的年度代表馬

選考対象は去年と同じく、今年国内で1走以上した馬です。

 

年度代表馬 モーリス (6戦6勝 安田記念マイルチャンピオンシップ香港マイル)

年始にはまだ条件馬、しかも昨年後半は完全休養だったのですが、堀厩舎に転厩、そして1月に復帰すると連戦連勝。現役世界一のマイラーはSolowかモーリスか、というレヴェルまでになりました。ドバイミーティングあたりで対決が実現するのかな?非常に楽しみ。

戦前輸入のデヴオーニア~メジロボサツ牝系という土着ファミリーの出身。

 

殊勲賞 ラブリーデイ  (10戦6勝 宝塚記念天皇賞・秋)

こちらは年始の中山金杯(レコード勝ち)が初重賞制覇。一戦ごとに力をつけて、中距離チャンピオンに上り詰めました。古馬王道G1皆勤賞も立派。スローペースから抜け出すだけでなく、急流を踏ん張る力も身に着け、位置取りも自在。負けはしましたが、ジャパンカップ3着が印象的でした。

こちらは社台ファーム草創期輸入のレディチャッター牝系の出身。

 

敢闘賞 ドゥラメンテ (4戦3勝 皐月賞東京優駿)

今年のクラシック二冠馬。ダービー後は骨折で戦線離脱してしまい、海外遠征や古馬との対戦がならなかったのが残念。ダービーのレースぶりも良かったですが、最も印象に残っているのは皐月賞ですね。リアルスティールの綺麗な抜け出しをねじ伏せた直線の脚。

こちらも社台ファーム草創期輸入、国内屈指の名牝系パロクサイド牝系の出身。

 

技能賞 ショウナンパンドラ (6戦2勝 ジャパンカップ)

池添騎手とのコンビになってから牡馬相手でもレースぶりが安定。追い込み馬という訳ではないですが、中団後ろでじっくり構えて末脚を活かす戦法がしっくりとはまり、混戦のジャパンカップを制しました。

社台ファーム70年代の輸入(まだ千葉時代)、これも名牝系ロイヤルサッシュ牝系の出身。こう書くとあの末脚にサッカーボーイステイゴールドに通底するものを感じます。

 

牝祖が輸入されてから数十年という土着牝系出身馬の活躍がめだった1年でした。

 

来年期待する馬は明けて3歳になるサトノダイヤモンドとプロディカルサン。朝日杯上位2頭やドレッドノータスらとのダービー路線が楽しみです。

それではよいお年を。