読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安田記念 予想

先週の東京優駿マカヒキがハナ差競り勝ってダービー馬に。

テンの1000m通過は60秒。馬場を考えるとやや緩めの流れか。中盤いったん更に緩く流れ、残り1000mから速くなる展開で、もう少しじっとしていたかったスマートオーディンにはつらい流れだったですね。逃げ馬を見る位置にいたプロディガルサンは、流れが緩いとみて早めに仕掛けたのは良かったと思うのですが、主導権を奪い切れず後ろに呑み込まれました。

サトノダイヤモンドは道中はマカヒキをブロックするような位置でじっくり進み、直線は外へ。マカヒキは前が壁の間はインでじっと我慢して、進路が出来てから内寄りを鋭進。サトノダイヤモンドマカヒキオークスシンハライトチェッキーノのような関係になって、やはり内にいたマカヒキがハナ差競り勝ちました。

マカヒキについては距離に不安を感じていたのですが、うまく折り合いがついたことと、仕掛けどころまで内目を進めていたことが奏功。序盤で中団内目の位置を獲りに行き、直線は馬群を割る方向を選んだ川田騎手の判断も良かった。

ディーマジェスティは、もう少し上がりのかかる流れの方が理想的だったと思いますが、それでも良く追い込んで3着。力のあるところを見せました。順調に成長すれば、秋の菊花賞ジャパンカップで勝機があるのでは。

ロードクエストは折り合いつかず、イモータルは外々を回る苦しい形に。力が出せませんでした。

他ではアジュールローズ。ローテーション面で苦しかった今回は最後バテてしまいましたが、騎手が扱いやすそうな良い馬という印象。夏を順調に過ごせば菊花賞で面白そうな存在になりそうです。

 

さて今週は安田記念

今朝は雨が降って馬場が渋り気味。おまけに土曜日のレースでルメール騎手が骨折をしていて、今朝になってフィエロが乗り替わりと発表。12頭ながら波乱の目もありそうです。

馬場が渋った時はフィエロが狙い目かなと思っていたのですが、急な乗り替わりでは流石にアタマからは狙いにくい。

 

注目は海外G1を勝ってからの帰国初戦になるモーリスとリアルスティール

モーリスは昨年から芝マイルG1を4連勝中。この路線ではSolowとモーリスのどちらかが現役世界最強と言える存在になります。左回りよりは右回りの方がスムーズなタイプで、初のG1勝ちとなった昨年の安田記念では辛勝といえるクビ差勝利でした(ヴァンセンヌが真っ直ぐ走れていたら・・・)。

右回りのマイル戦なら、休み明けで仕上がり不安でも、初の海外遠征でも、大外回しても豪快に差し切れるので、今回の不安な点はまずは左回りでしょうか。

ただ、この馬は軽快なスピード馬というタイプでもないので、雨が降って渋ったのはプラスに働きそうです。リズムの悪い走りで直線を向いて上がり勝負になったら・・・というのが心配だったのですが、時計がかかる馬場ならば馬力も体力もあるこの馬の優位は動かないか。

 

Solowの回避で手薄なメンバーだったとはいえ、初の海外遠征で横綱相撲で押し切り初G1をもぎ取ったリアルスティールは充実期。

陣営は挑戦者の立場を強調していますが、モーリスを逆転するならこの馬でしょうか。

初のマイル戦になりますが、府中の大回りコースで、強烈に引っ張る馬がいないメンバーならむしろこの馬向きでは。序盤に内ラチ沿いの位置を巧くとれればかなりやれるのでは。

 

他で気になるのは、こちらもマイル戦初挑戦のディサイファ

緩急をつけずにワンペースで走った方が好走するタイプで、秋の天皇賞では中距離の一線級に上がりでキレ負けしてしまいましたが、距離短縮でレースの流れが速くなれば粘りを発揮できるのでは。マイルG1の流れにうまくついていければ、という条件付きではありますが、ヒモで一考。

 

◎ モーリス

リアルスティール

ディサイファ

△ フィエロ

 

馬場の回復or悪化の進み具合を見て券種と買い目を考えようと思っていますが、一応はモーリスからの流し馬券を考えています。