読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菊花賞 予想

秋華賞は直線外から伸びたヴィブロスの快勝。

前半59秒9と馬場を考えるとかなり遅い流れ。3~4コーナーから速くなり、淀の内回りを加速しながら進むための器用さが求められる競馬でした。

とはいえ勝ったヴィブロスは、前後に分かれた馬群の後方馬群の先頭付近に道中は位置。内へも外へも自由に出せるポジションで、前の馬群は適度にバラけていて、器用さ以前にかなり理想的な展開でした。

ヴィブロスより後ろの位置だとちょっと届きそうにない感じで、1番人気のビッシュはいろいろな不安点が一度に吹き出てしまったように10着惨敗。道中後方から3コーナー坂の上りで外をついてヴィブロスの傍まで上がって行ったのですが、まわりもペースアップしている場面で外を回った分、直線は脚が残っていませんでしたね。

ヴィブロスと同じような位置で競馬していたジュエラーは、直線内を突くも4着まで。やはり力のある馬で、体調が万全だったなら。。。

流れが遅いと見るや早めに前につけていったカイザーバルの四位騎手が好騎乗で、これが3着粘り込み。あんまり考え込まずに出走表見てすぐに買い目決めたら、カイザーバル・ヴィブロスのワイド買えていたな、、、という残念な結果でした。

 

さて今週は菊花賞

相変わらず速い時計の出る淀の芝コースで、外よりは内枠の方が有利でしょうか。

その内枠に人気の2頭、サトノダイヤモンドディーマジェスティが入りました。

 

ダービー2着のサトノダイヤモンドは秋初戦の神戸新聞杯を勝ちはしましたが、ミッキーロケットにかなり詰め寄られての勝利でした。休み明けの分と、直線急坂の阪神コースの分、苦戦した格好ですが、やはりこの馬は2000mを超える距離では力を発揮しづらいのではないでしょうか。

今回京都コースに替わるのはプラスですが、さらに距離を延ばしての3000m戦では期待よりも不安の方が大きいです。

 

一方のディーマジェスティセントライト記念を後方からのマクリで他馬をねじ伏せました。同じディープインパクトの仔でも、例えば同じレースを走っていたプリディガルサンが直線伸びかかるも急坂で失速したのに対し、こちらはパワー充分。坂でも勢いそのままで、後ろを突き放しました。(唯一食い下がったゼーヴィントが今回不在なのは残念)

こちらは京都へのコース替わりはプラスとは言えませんが、距離延長は問題なし。流れが向かなくても外から3着に追い込んだダービーを考えに入れると、淀の3000mではサトノダイヤモンドよりはこちら。

 

阿寒湖特別でマクリ圧勝してみせたカフジプリンスが穴人気していますが、札幌で追われて追われて大外進出、というレースぶりはどうもイメージと合わない。菊花賞としてはエアシャカールのように、終いの脚を残しつつ外目を上がれるスピードが欲しいところ。追って追っての叩き合いならディーマジェスティ以下、もっと強そうなのがいそうなので、今回は軽視します。

 

それならば神戸新聞杯でカフジプリンスに先着しているレッドエルディストの方が面白そう。キレのある末脚を見せるタイプではなく、展開次第でなだれ込む当てにしづらいタイプではありますが、淀の長丁場に替わって、坂上から加速しながら直線へというレースは、この馬に向いていると思います。

 

アーリントンカップ勝ち馬でNHKマイルカップ3着のレインボーラインは距離実績はありませんが、トップスピードの持続力に優れ、古馬相手の札幌記念でも良い末脚を見せていました。さすがに3000m戦でどんとこいというタイプではないでしょうが、折り合いはつくので距離延長もマイナス分は少なく済むのでは。一発あるならこの馬か。

 

他では、反応が鈍そうなのは相変わらずも、京都なら終いが活きそうなプロディガルサンと、角居厩舎らしく長距離向きに仕上がってきたサトノエトワールの粘り込みに注目。

配合を見て距離が向きそうと思うのはイモータルなのですが、熱くなりすぎる性格がネック。

 

ディーマジェスティ

○ レッドエルディスト

レインボーライン

△ プロディガルサン、サトノエトワール

サトノダイヤモンド

 

ディーマジェスティがもうちょっとテンのスピードを持っていれば単勝勝負なのですが、どうもそういうイメージがつかないので、ワイドか三連複勝負にします。

はたしてどうなりますか。