読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 私的年度代表馬

選考対象は、昨年同様、2016年中に国内で1走以上した馬です。

 

年度代表馬 モーリス(5戦3勝 天皇賞・秋チャンピオンズマイル香港カップ)

 

6戦無敗だった昨年と比べると、勝率は落としましたが、マイルでG1を1つ、中距離で2つと守備範囲を拡げてのG1を3勝はお見事。先頭に立つ時のあの躍動感は、今年も健在でした。あまり悩まずに2年連続の年度代表馬に選びました。これで現役引退で種牡馬入り。この実績ですから子供は海外からも注目されるでしょうし、産駒に期待しています。

 

殊勲賞 サトノダイヤモンド (6戦4勝 菊花賞有馬記念)

 

世代の主役の位置にいながら無冠に終わった春シーズンから一転、秋は無敗。菊花賞で同世代を、有馬記念古馬を破ってのタイトル獲得となりました。菊花賞から有馬記念の間に筋肉がついたようで、足長のほっそりと見えていた馬体が変わってきました。かつては中距離馬かなと考えていましたが、もう少し距離の守備範囲はこれからは広めに考えた方が良さそうです。と、考えると来年にも大きな期待が。

 

敢闘賞 マリアライト (6戦1勝 宝塚記念)

 

今年は芝の2200m以上のレースを6戦。この路線は牝馬には難しい戦いが強いられますが、その中で夏のグランプリを制したのはお見事。渋った馬場をこなすことに関しては現役屈指。小柄ながらドゥラメンテキタサンブラック相手に堂々と戦い抜きました。有馬記念で現役引退し、繁殖牝馬に。名繁殖クリソプレーズの血をさらに拡げるような産駒を期待したいですね。

 

技能賞 エイシンヒカリ (4戦1勝 イスパーン賞)

 

このクセ馬に技能賞を、というのは、自分でもおかしな気がしないでもないですが、大差勝ちとなったイスパーン賞、芝1800mで時計1分53秒2、こんな悪路をこなしてしまったエイシンヒカリというのをどうにか一筆留めておきたい、ということでこのポジションに。ただの快速馬ではなく、稀代のクセ馬兼スピードホースでした。この馬も引退して種牡馬入り。海外に輸出されるなんていう情報も聞こえていますし、輸出先でも大事にされて欲しいですね。

 

モーリスはじめ、海外のG1を目標におくオープン馬が増えてきたなあ、というのが今年の感想ですね。この流れはまだ続くのでしょうか。逆にジャパンカップにも海外の有力馬がどんどん来てもらいたいところですが。

来年に期待しているのは、まずはサトノダイヤモンド。それからディーマジェスティの復調も祈願。ようやく怪我が治って再始動が見えてきたアジュールローズもG1で見てみたいですね。

それではよいお年を。