読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィクトリアマイル 予想

先週のNHKマイルカップはアエロリットの優勝。

時計の出る良馬場で前半46秒1-後半46秒2のペース。あまり緩まずに流れていましたが、中盤までのペースとしてはそれほど先行勢には苦しくない流れだったでしょうか。

雁行のような形で先頭争いをしていたボンセルヴィーソ、トラストとアエロリットの中から、直線で馬場中央に持ち出したアエロリットがまず抜け出し、中団から4コーナーでマクリ気味に進出してきたリエノテソーロが大外から猛追。リエノテソーロの脚は馬体を併せるかという勢いでしたが、残り150mぐらいで脚が鈍り始めて0秒2差2着まで。

内ラチ沿いで粘っていたボンセルヴィーソが勝ち馬から0秒6差の3着。

終わってみればアエロリットの完勝といった内容でした。時計の出やすい馬場ではありましたが、勝ち時計1分32秒3は優秀でしょう。

桜花賞では後方からの競馬になって5着まででしたが、今回は先行しての時計勝負でなかなか強い競馬でした。外枠からの発走でコーナーを回った位置も外目。距離のロスはありましたが、他馬から離して気分よく先行させたのが良かったのでしょうか。

これで2月のクイーンカップのレース価値が更にはっきりしたと思いますが、そうなるとその勝ち馬アドマイヤミヤビも世代最上位の力量馬と言えるでしょう。来週のオークス、距離条件はアドマイヤミヤビとはちょっと合わないのでは、と思っていますがどうなりますか。

狙っていたモンドキャンノは1秒0差9着。逃げ馬の直後の内ラチ沿い追走で、まずまず流れに乗れていたと見えていたのですが、直線に入って抜け出す脚がありませんでした。3歳春になって、もうマイル戦はこの馬には長くなってきているのかもしれません。

タイセイスターリーは出足がつかず後方ママ。ガンサリュートは勝ち馬の後ろをついてゆくように4コーナー大外を進出してきましたが、もうひと押しが効かず殿負け。馬券はまったく惜しくないハズレでした。

 

さて今週はヴィクトリアマイル

土曜日の東京はかなり雨が降りました。日曜日は雨も上がって徐々に乾いてゆくとは思いますが、良までは回復せず道悪でのレースになるのでは。

前売りオッズでは、前走道悪で強い勝ち方をしたミッキークイーンが抜けた人気。去年の2着馬でもありますし、馬場の回復具合によらずともこのまま人気を集めてゆくだろうと思います。

 

ミッキークイーンは昨年は未勝利に終わりましたが、それでも有馬記念5着など現役牝馬ではトップクラスの力を見せてきました。東京コースではオークス勝ちがありますが、1600mでは未勝利。マイル戦への対応を問われたのが前走阪神牝馬ステークスだったのですが、これを完勝し、今回へ向けての課題をクリアしてきました。

その前走が道悪ということもあり反動を危惧していたのですが、在厩調整でじっくり磨き上げられて馬体の細化もなさそうです。

枠順も11番枠でまずまず悪くないところだと思いますし、これを中心視します。

 

今回は相手選びが難しい。

内枠にジュールポレールソルヴェイグと、それぞれ中距離馬寄り・スプリンター寄りの先行馬がいますが、どちらも逃げたいタイプでなく主戦場でないマイル戦で積極策を採るとは予想しづらいです。

スマートレイアーはかつて東京新聞杯で逃げ切り勝ちをしていますが、近走は中距離路線を走っており、稽古の様子を見ても今回ポンと出てハナを切る様な調整には見えませんでした。去年乱ペースに巻き込まれながらも先行して4着だったのが印象的で、武豊騎手にヤネが戻って怖い1頭なのですが、ちょっと今回は忙しいのではないかという見立てです。休み明けでここを叩き台に、買うなら宝塚記念か?というイメージです。

レッツゴードンキ高松宮記念2着からの続戦。内枠から出て脚を溜めながらの競馬でスプリント路線で結果を出してきましたが、今回は外枠のマイル戦。道悪は上手ですから息を入れながら先行できれば面白そうですが、スタートが巧くないので狙いづらいです。重馬場でも、乾いて良馬場でも、今回後方一気は厳しいと思います。

ルージュバックは東京の1800m戦がベスト。馬群を割ってこれないので後方で脚を溜め、大外ぶん回しての競馬になると思いますが、これも厳しそう。中団前目の追走だと前走金鯱賞のような脚を余す結果になりそうでこれも狙いにくいです。

クイーンズリングはスローペースからの決め手比べで反応良く加速できる長所がありますが、牝馬限定戦とはいえマイル戦ではこの馬に流れが向くほどにはペースが落ちないのではと見ています。

 

今回はミッキークイーン単勝狙いにしたいですが、思った以上に配当がつかなさそうです。あまり勝負したいレースではありませんね。。。

 

ミッキークイーン

スマートレイアー

▲ オートクレール

 

オートクレールはまだ準オープンクラスで、1000万条件の勝ち方もレヴェルは高くなかったのですが、準オープンでの3戦で既に2連対しています(ただし両方とも軽ハンデ)。特に昇級初戦の東京マイル戦・節分ステークスでは粘り強く伸びてグレーターロンドンを相手に0秒2差2着(斤量差は4キロ)。信頼度は低いですが、4コーナー2番手ぐらいで回ってきて粘りとおすイメージで、一発あるならこの馬かなと。

馬券はミッキークイーンスマートレイアー馬連を中心に、オートクレールの複勝などを考えています。スマートレイアーは押し出されての2番手評価なので、大きくは狙わず金額は控えめで。

さてどうなりますか。