読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本ダービー 注目馬

先週のオークスはひっさびさに予想が的中しました。複勝狙いでは威張れたものではありませんが。。。まあともかく、当たり癖をつけたところで今週も的中させたいですね。


さて、競馬界の年度総決算、ダービー。
金曜日にずいぶんな量の降雨がありましたが、週末は晴れ予報。良馬場・高速馬場でのダービーとなりそう。もっとも、芝状態は開催末期、年間サイクルで言っても最も傷んでいるはずの時期なので、単に軽い馬場というわけではないかもしれません。


展開面では、皐月賞1・2着馬、ヴィクトリーとサンツェッペリンがカギになりそうです。前走トライアル組にはペースを作りそうな馬がいないので、この2頭が再度、前々で淀みない流れを作ることになるのではないでしょうか。これに続く馬も、2400mという距離と直線長いコース形態から、普通に考えるとじっくりレースを進めることになりそうなところ、皐月賞の再現は御免とばかり、早めに仕掛けてくるのではないかと予想します。


注目は、皐月賞馬ヴィクトリー。
皐月賞前の見解では、馬券圏内に入るだけの地力を充分つけている、という感じでしたが、皐月賞でのレースぶり、特に、サンツェッペリンの松岡騎手が執拗に絡んできた中で、自らペースを作って勝利した点を思うと、予想以上に春になってからの成長分が大きかったのだと思います。
鞍上の田中勝春騎手は、現在「確変」どころではない乗れっぷりで、発言からも自信がうかがえます。
又、冬場しっかり休んでのシーズン3戦目と言うローテーションも好感が持てます。出走馬中これほどに余力を残したローテーションを組めているのは、他にはドリームジャーニーだけで、すべての馬の最大の目標たるダービーにおいては、これは大きなアドバンテージになっていると思います。


これに逆転の可能性があるとすれば、皐月賞3着のフサイチホウオーでしょうか。
皐月賞は父のジャングルポケットと同じように、コーナリングに苦労しながらよく追い込んだものの届かず、といった感じでしたが、府中へのコース替わりはプラスに働くでしょう。
ヴィクトリーは東京コース未経験ですが、こちらは3戦3勝、うち重賞が2つ。加速しつつ、コーナーをまわっている上で、さらに前の馬と馬の間に割り込むという芸当はできないこの馬にとっては、府中こそがホームグラウンド。
距離延長は必ずしもプラスに働くとは思いませんが(NHKマイルカップ出走ならば単勝で狙うつもりでした)、長く脚を使えるタイプなので、あえて不安に考えるほどではないと見ています。


競走馬としての完成度からするとこの2頭の一騎討ちのように思えるのですが、もしも間に割って入る馬がいるならば、春になってからの成長が著しいヒラボクロイヤルでは。
初勝利までに6戦かかった馬ですが、2月に初勝利を上げて以来、2着-1着-2着-1着で重賞制覇。前々走の毎日杯2着、それから前走の青葉賞1着は、ともに直線で前の馬の脚が止まるという展開の利があり、レース全体のレヴェルもそれほど高くないと見ていますが、恵まれつつも最後までしっかり伸びていたところが魅力的に見えました。
こちらは距離の不安がなく、しかも挑戦者側の立場ですから、他の有力馬が前々に意識を向けているならば、展開嵌って一発という可能性は充分にあると思います。鞍上が武幸四郎騎手というのも、馬のキャラクターに合っている印象。


馬券はこの3頭の馬連ボックス勝負のつもりです。
この他の馬は結構同じようなレヴェルで横並びという印象があるので、3連複・3連単は狙いにくそう。


皐月賞2着のサンツェッペリンと、4着アドマイヤオーラは距離面が不安。
青葉賞3着のフィニステールは、かなり良い馬だと思っているのですが、成長途上の段階で完成度の面でまだまだかなという印象。ここで好走できれば秋に期待したいところ。
血統的にはゴールドアグリが面白そうなのですが、ケガの影響がまだ残っていそうなのが残念なところ。
牝馬ながら参戦のウオッカは、心情的には応援したいところですが、おそらくマイナス体重で出てくると思われ、体調面での上がり目が見込めなければ勝負としては苦しいかなと。エルフィンステークスに出たのは余計だったと思います。