読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェブラリーステークス 予想

フェブラリーステークス
昨年と比べると、強い馬がずいぶん多く集まったように見えますが、人気はカネヒキリ中心でしょうか。
エスポワールシチーを筆頭に、先行馬が揃いハイペースになりそうです。
ダートの上位レースになると、ペースが速くても強い先行馬はそのまま残ってしまう傾向が強いものですが、今回は先頭がめまぐるしく入れ替わり馬群隊列が決まるのが遅くなりそうな予感がするので、序盤はどっしり構えた組でも追走に苦労しないスピードの持ち主ならばチャンスがあるのではと思っています。
ちなみに、勝ちタイムは1分34秒台を予想、場合によってはメイショウボーラーが不良で出した1分34秒7を上回るかもしれないと思っています。


重視したのは府中のダートマイル戦で1分34秒台で走破できるかどうかという点。
それも強豪が揃った多頭数のレースでその走りができるかどうか。
気分よく自分の型に持ち込めれば、、、といった感じの馬は少し評価を割り引きます。


カジノドライヴは、厳しい流れの時計勝負は得意なレースパターンだと思うのですが、血統的にはマイルは忙しすぎるかなという印象。
カネヒキリに3年前のこのレースの時のような脚を使われたらお手上げですが、2年半休んだ後の使い詰めでは、さすがにそこまでの状態にはないだろうと。


同じぐらいの評価の馬が複数いるのですが、その中でも1頭ひときわ人気がなく絶好の狙い目に見えるのが◎サンライズバッカス
府中のダートマイル戦はベストの条件。おそらく後半勝負の作戦になると思いますが、このコースなら時計勝負も歓迎のクチ(実際に2年前のこのレースを勝った時は不良で1分34秒8)。
前走は中盤物凄くペースが落ちてしまいレースにならなかったので、「ヤラズ」の内にいれていい部類だと思います。


サンライズバッカス (最近勝ってないとはいえ、このコースでこの距離なら浮上必至)
カネヒキリ (スピード能力・実績は最上位評価。内枠で消耗戦の激戦区に巻き込まれたら、今の状態ではやや不安も)
ヴァーミリアン (カネヒキリに連敗中とはいえ近2走は差はない)
フェラーリピサ (このメンバー相手でも上位が狙える力がようやくついてきたと思う)
ビクトリーテツニー (アテにはできないがスピード能力は充分)


馬券は主に◎サンライズバッカスからの馬連流しを予定。
相手には名前を挙げなかったところ含めて手広くいくつもり。