読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月賞 予想

さて皐月賞
重賞を2つ勝った2頭、ヴィクトワールピサローズキングダムが人気の中心か。


ヴィクトワールピサは、新馬ローズキングダムに敗れたものの、その後4連勝。
近2走のラジオNIKKEI杯と弥生賞では中団に控える形から差す競馬を披露し、レースセンスのあるところを披露しています。
重馬場(弥生賞)も経験していますし、馬に関しては最有力の1頭でしょう。
この馬の良いところは勝負どころまでにポジションを上げる脚、勝負どころからのトップスピード、ともに良いものを持っているところ。
人気を背負ってマークされる立場(岩田騎手はこういうのに強くない印象)になるのがやや気になりますが、弱点の多い馬とも思えないので、騎手乗り替わりもなんのその、大崩れはしないのでは。


ローズキングダムは3連勝で朝日杯を制した後、3歳初戦のスプリングステークスで3着に敗れました。
ステップレースの内容としてはそれほど悪いようには見えませんでしたが、橋口調教師は大いに自信をなくしたようで、一時は皐月賞回避してダービー直行という報道もありました。
結局、皐月賞に出走することになりましたが、直前追い切り後のインタビューを聞くと、まだどうも不安が先行している様子。
どこが気に入らないのかよくわからないのですが、橋口師の「泣き」は悪い意味で信頼できるので、こちらも評価を下げるべきかなと。
2歳時ほど、能力に大きなアドバンテージがなくなったにせよ、状態万全ならこのメンバーでも充分勝ち負けになると思うのですが、果たして。


2頭に挑む形になる他の馬ですが、今年は例年以上に底のレヴェルが高い印象で、いつもの年なら穴人気しそうな馬がゴロゴロしている感じです。(ペルーササンライズプリンスみたいに、出てきたらそこそこ人気集めそうな人気馬がまだいるというのも今年の特徴かもしれない)


朝日杯2着、弥生賞2着のエイシンアポロンは、展開のカギを握りそうです。
終いの速い脚では他の馬に見劣りしますが、ジリジリ伸びる脚はなかなか止まりそうにない馬。
この馬の作戦としてはおそらく、逃げ・先行勢が余力を残して最終コーナーを回るところを、この馬が早めスパートから重圧をかけにゆき、前の馬の脚をすり潰す、という感じになるのでは。その際には、長く速い脚を使えるタイプだけが先着できると予想。
あとはこの馬が逃げにうって出る可能性もありかも。イチかバチかの騎乗に強い鞍上ですし、確たる逃げ馬も不在のメンバーならやってくることも考えられるのでは。その場合には、ハマれば好位の馬に道中脚を使わせる流れになって、波乱の目も。
どちらにしても、稽古は抜群に動けているようですし、要注目。


その他では、きさらぎ賞を勝ってここへ直行というローテーションをとったネオヴァンドーム
ネオユニヴァース、母父トニービン、母母父ノーザンテーストと、「Hyperionがたっぷり」という種牡馬が累代配合されており、長く良い脚を使うことには向いた血統。おそらく重馬場も大丈夫。
勝負どころで並んでから強いあたりが父に似ている感じですし、鞍上もデムーロ騎手は来日できませんでしたが(なんでも恩人が亡くなったためで、もし何も起きなければ来日していたとか)、安藤勝己騎手を確保できたのも好印象。
人気の盲点になっていますが、一発あるならこの馬か。



ネオヴァンドーム (立ち回りが巧く、競り合いにも強い。一発狙える)
ヴィクトワールピサ (回りからのマークに屈しなければ勝ち負け)
エイシンアポロン (状態は良さそう。追ってタレない末脚に期待)
△リルダヴァル (稽古は良く動いていた。骨折・休養からやっと間に合ったという感じではなく、勝ち負けできる状態にまでなっているのでは)
ヒルノダムール (若葉ステークスは消耗戦でよく走った。地力は高そう)
ローズキングダム (買うなら分厚く狙わなくてはいけない馬。当日の気配を見てから考えたい。軸で買う、消す、両方可能性あり)