読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菊花賞 予想

先週の秋華賞は、本命視していたパシフィックギャルが競走除外となってしましました。締め切りまで数分あったので返還分をタガノエトワールの複勝に入れてプラス収支にはなりましたが、パシフィックギャルが走れなかったのは残念。

以前から脚下に不安があると陣営からコメントが出ていましたが、今までより強めの稽古が出来ていたようだったので、良化しているのではと思っていたのですが。ダートも向く配合なので、立て直してダート戦に出てくるようならまた狙いたいですね。

 

さて菊花賞

イスラボニータが不在で人気の中心はダービー馬のワンアンドオンリー

ダービーと神戸新聞杯は、早めに前を捕まえてから粘りに粘りましたが、距離が600m伸びて、抜けた1番人気、外目を回って直線入り口先頭という作戦ならゴール前が甘くなると見ました。

今回は別の馬から入ろうと思います。

毎回買っているタガノグランパは、距離の融通が利いて外回りも合うタイプですが、さすがに3000mは長すぎる印象。展開の助けが欲しいところ。

トゥザワールドは小脚が使えて京都の下り坂は得意そうで、前半うまく立ち回れれば面白そうな存在。ザッツザプレンティデルタブルースのようにロングスパートを仕掛けたなら、春の主役候補が秋に花咲くことになるかも。

 

これ以上に魅力的なのがヴォルシェーブ。

上がりのトップスピードでは他より見劣りますが、長く良い脚を使えるタイプで、折り合い面の不安も少ない馬です。前走、ゴール前坂を上ってから前と離されたので、阪神コースよりは淀の外回りコースの方が向いていそう。

出走メンバーではこの馬が一番長距離戦に向いた配合をしているという見立てで、ロングスパート消耗戦が起こりやすいという点では、春の天皇賞よりは菊花賞向き。

二度目の騎乗の岩田騎手なら、いったん内に入れてからの早めのスパートという形が期待できます。

 

◎ヴォルシェーブ

トゥザワールド

ワンアンドオンリー

タガノグランパ

マイネルフロスト、サトノアラジン

 

馬券はヴォルシェーブの単複とトゥザワールドとの馬連ワイドを本線に考えています。ヴォルシェーブの人気が予想以上に低そうなので、いろいろ買えるかな。