読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京優駿 予想

先週のオークスはミッキークイーンが理想的なレース運びで差し切り優勝。

相手本線のクルミナルとの間にルージュバックが入りましたが、ワイド狙いだったので無事的中でした。キャットコインは桜花賞からさらに体重を減らしていて見た目も今一つ、結果も12着でした。狙いを下げたのは正解でしたが、残念な春クラシック2戦でした。

 

さて今週は東京優駿日本ダービー

皐月賞馬ドゥラメンテが人気の中心ですが、今のところ単勝は2.4倍。1倍台も予想していたので少々意外なのですが、それでも皐月賞馬と皐月賞2着馬から馬券は売れているようです。

雨の心配もほぼなくなり、良馬場の予想。スピリッツミノルとキタサンブラックが外枠を引いたので、コメートやベルラップあたりが叩いてゆくことも考えましたが、ハナがどれになっても道中はゆったり流れそうです。

今週からCコースに替わるので去年のダービーのようにインコースを通る馬に警戒が必要になり、スローの団子状態の展開予想と併せると、序盤のポジション取りが大事になってきそうです。

 

逆転を期待して中心視しているのはリアルスティール。

皐月賞のレースぶりは、序盤のポジション取り、中盤の折り合い、4コーナーで外に持ち出した進路取り、直線の先行馬を交わして突き放す脚と文句のないものでしたが、それでも2着。勝てなかった。

豪快なドゥラメンテとの差は広い東京コースに替わって更に広がるとみる向きもありましょうが、展開予想から前目・内有利の直線勝負と呼んだ今回は、序盤の立ち回りの巧さと巡航速度で上回るリアルスティールが逆転可能と見ました。

相手はドゥラメンテ。

日本ダービーの歴史は仕上がりの早さを拠り所に台頭してきた馬が牛耳ってきたわけではなく、本来なら力をつけるのにもっと時間がかかるような馬が、成長の歯車を急回転させるように伸びてきて栄冠を掴みとっていった繰り返しと思います。

去年の毎日杯で「本当に良くなるのはまだ先」「ハブルバブルっぽいな」と感じたラングレーの全弟と、2歳から抜群の素質を見せながら3歳牝馬三冠は負け続けたアドマイヤグルーヴの息子。2頭の若駒のここまでの軌跡は、『歯車』の加速を感じるには充分と思えます。

今回は2頭のどちらかが勝つと予想します。願わくば、ラングレーの全弟が、ハブルバブルの全弟のように先に抜け出して押し切るところが見たい。

 

◎ リアルスティール

○ ドゥラメンテ

 

低配当は仕方ないですが、馬券は馬連馬単と考えています。3連系に手を延ばすなら、ミュゼスルタンとサトノラーゼンあたりがヒモ候補。