読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞・秋 予想

先週の菊花賞は、後半出入りの激しい競馬に。それをじっと内々で我慢していたキタサンブラックが直線抜け出してクビ差の勝利。北村宏司騎手の決め打ちがズバリ嵌まりました。

狙っていたリアルスティールは、余力を残しつつ4コーナーで逃げ馬を射程にとらえるという、こちらのイメージどおりの展開になりましたが、惜しくも2着。勝ち馬との差は、通ったコースと直線でのスムーズさの差かと思いますが、勝ってもおかしくない走りを見せました。今回も残念な結果でしたが、次走以降に期待します。

スティーグリッツは心配していたスタートが大失敗。追い上げを見せるも、まわりもペースが上がったところで脚を使ってしまい、最後はガス欠気味。今回は参考外ですが、出遅れは癖になりそうで怖いところ。

マサハヤドリームは序盤のペースに戸惑い気味で、まったくリズムに乗れずに惨敗。騎手の言うとおり、ラチ沿い馬群の中に潜れていればまた違ったかもしれませんが、現状まだ力が足りなかったようです。

 

さて今週は秋の天皇賞

土曜日の競馬で福永騎手が落馬負傷してしまったので、カレンミロティックは吉田豊騎手に乗り替わり。この交代の影響は大きいかもしれません。

控えてじっくり行っては味の出ないこの馬に、かつてこの舞台でゴーステディを駆りローエングリンとやりあったこの騎手が乗るならば、逃げるであろうエイシンヒカリの仕掛けどころに狂いが生じる可能性は充分。

府中の芝1800mの重賞連勝中のエイシンヒカリ、この馬は道中のペースに多少の差はあれだいたい同じタイムで走る馬で、1ハロン延長と追ってくるメンバーの強化は相当に厳しい条件のはず。

ここに番手から早めにつついてくるカレンミロティック&吉田豊コンビが加わるとなれば。。。

 

エイシンヒカリと人気を分け合うラブリーデイは前走の京都大章典が圧巻。上がり32秒3の数字も凄ければ、横綱相撲で他馬をねじ伏せたレースぶりもインパクト充分。宝塚記念を勝った時よりも強くなっているように感じました。

更に強力なメンバーが揃う今回でも、成長が本物ならば勝ち切ってしまうかもしれませんが、不安は左回り。右回りに変わったとたん見違えるほどの走りで勝ち切った中山金杯を見ると、ラブリーデイは右回りでこそという印象がなかなか消えないのです。

 

今回注目は、ラストインパクト

対ラブリーデイでは3度対戦してすべて先着しています。更に、昨年暮れ、左回り芝2000m戦の金鯱賞ではラブリーデイ(4着)から0秒5先着のレコード勝ち。

カレンミロティックの仕切りで昨年よりもペース・勝ち時計とも速くなれば、この馬におあつらえ向きの流れ。

じっくり調整されて気配も良さそうで、前走敗戦で人気がないのも好材料。ラブリーデイの成長が上を行ったとしても、オッズの差を考えると妙味はこちら。

 

ラストインパクト

○ ラブリーデイ

▲ ディサイファ

△ アドマイヤデウス、スピルバーグ

注 ヴァンセンヌ(マイラーの決め手が効く流れになれば、距離実績がなくても)

 

アドマイヤデウスとスピルバーグは外枠を引かなければラストインパクトとの三連複を厚く狙ってみたかったのですが、ちょっと厳しい枠に入ってしまいましたね。。。

馬券はラストインパクトからの馬連・ワイド流しを考えています。