読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞・春 予想

先々週の皐月賞はディーマジェスティが直線力強く差してきて優勝。

予想外に前半から流れて1000m通過は58秒4。逃げたリスペクトアースに絡んでいったリオンディーズが苦しくなり、直線ヨレてエアスピネル・サトノダイヤモンドに不利を与えるというアクシデントはありましたが、中団後ろから外を回ってきたディーマジェスティの脚色はそれとは関係のない鮮やかさでした。

展開が向いたことは確かですが、良い脚を長く使えたのは地力の証し。ロングスパート勝負で持久力が必要になれば浮上すると期待して馬券に入れていたのですが、序盤から厳しい流れの消耗戦になってアタマまで突き抜けました。

2着はマカヒキ。ディーマジェスティより更に後方で脚を溜めて、イチかバチかの勝負に出て展開向いた上での2着。

ダービーで狙うなら断然勝ち馬の方ですが、コースが替わってペースがグンと落ち着きそうなだけに、別の馬の浮上を考えた方が良さそうです。

馬券は1着・3着(サトノダイヤモンド)のワイドが当たったのですが、展開予想を当てられなかっただけに好配当の単勝は買えませんでした。少し残念。

 

さて今週は春の天皇賞

今のところ、単勝有馬記念の1~3着馬と上がり馬シュヴァルグランあたりが人気です。うち、有馬記念2着でヤネが乗り替わりのサウンズオブアースがやや人気を落とし気味か。

京都の天気は良さそうで、速い時計が出せそうな良馬場になっています。ただし、例年とくらべるとやや力の要る馬場かも。

 

最内枠を引いた菊花賞馬キタサンブラックの逃げ、それを見るようにカレンミロティックとゴールドアクターという先行集団の形はすんなりと決まりそうで、道中ペースは落ち着きそうです。ただし、上がり3ハロン勝負となるとキタサンブラックは苦しくなりますから、2周目3コーナー坂上あたりからペースが上がるのでは。

 

注目はアドマイヤデウス。

昨年は道中折り合いを欠いてしまって良いところなしで惨敗してしまいましたが、もともとはそこまでかかる馬ではないはず。

その昨年春の天皇賞の後は、骨折休養。復帰後も地味な戦績ですが、長距離のロングスパート戦になれば、この馬の持久力が活きるとみて期待します。

長丁場で外・外を回すと苦しいですが、6番枠なら内ラチ沿いの馬群の中に無理なく入れられそうで、脚も溜まりそう。馬群を抜け出すスピードもあるので、下り坂で無理なく徐々に加速できるならチャンス。

何度も本命視してきましたが、今度こそ。

 

相手は日経賞での横綱相撲ぶりが印象的な、グランプリホース・ゴールドアクター。

実績は一番。状態も良さそうですが、かなり外枠に入ってしまったので、最初のコーナーまでが短いこのコースで序盤に無理しすぎないか少々心配も。

あと、もう少し時計がかかるような馬場の方がこの馬向きか。

 

◎ アドマイヤデウス

○ ゴールドアクター

▲ レーヴミストラル (展開に注文はつきそうだが嵌まれば破壊力充分)

トーセンレーヴ

 

トーセンレーヴは4歳時からマイル戦を中心に使われていましたが、実は長丁場向きと見ていました。まったく人気はないですが、有馬記念は上がり最速でゴールドアクターから0秒3差。直線平坦な京都の良馬場で一発を警戒します。

馬券はアドマイヤデウス単複とワイド流し、それにトーセンレーヴ複勝などを考えています。