読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィクトリアマイル 予想

先週のNHKマイルカップはメジャーエンブレムが快勝。

シゲルノコギリザメがもっと絡んでゆくと思ったのですが、何を狙ったか番手に自重してしまい、メジャーエンブレムのペースに。クイーンカップの再現のような逃げ切り勝利になり、2・3着には中団より後方にいたロードクエスト・レインボーラインが突っ込んできました。メジャーエンブレムについていった組は総じて下位に。

狙っていたアーバンキッドもイモータルも、純マイラータイプではないだけに、もう少し後方から進めると良かったと思いますが、メジャーエンブレムについていって早々に脚がなくなってしまいました。アーバンキッドはあのペースでも行きたがってしまうあたり、この先は精神面での成長が必要でしょうね。

今年の春の3歳戦線はステップレースもG1本番も、スローペース一辺倒でなくて意外と前半から締まったペースになることが多くて、観ている側としては面白いレースになったりするのですが、展開予想がぜんぜん当たらなくて馬券は難しくなりますね。。。

 

さて今週はヴィクトリアマイル

昨秋、秋華賞に出てこないか期待していたテルメディカラカラ(結局抽選除外)が、今回あたり出走してくるんじゃないかと思っていましたが、結局登録せず。秋に期待します。

 

牝馬戦線での活躍馬中心ですが、意外とメンバーが揃った感のある今回。

何がなんでもハナを、というタイプがいないのでまた今回も展開予想が難しいのですが、内枠を引いたスマートレイアーか、桜花賞で逃げ切りを演じたレッツゴードンキあたりが引っ張ることになるのでは。武豊騎手を迎えたスマートレイアーの逃げなら、後続の馬の脚をじわじわ削るような戦法も考えられるので、ここには警戒。

 

注目はミッキークイーン。

休み明け初戦となった阪神牝馬ステークスは、スローペースで逃げたスマートレイアーに先着を許しましたが、上がり33秒3で強襲してきた脚はひときわ目を引きました。

向こうに2キロ与えてのクビ差接戦で、今回は同斤。休み明け2戦目で稽古も動いている。落馬負傷で不在だった主戦・浜中騎手が戻ってくるということもあり、上がり目は大きそうで、今回は主役。

 

上がり馬で注目はシャルール。

福島牝馬ステークス2着からの転戦になりますが、前走は小回り福島で大外枠を引いてのレース。前々走の走りと比べてみても広いコースの方が向いていて、マコトブリジャールの”してやったり”の先行押し切りを上がり最速で迫ったのは、高い能力の証左。

押せ押せのローテにはなっていますが、狙うなら今回では。

 

◎ ミッキークイーン

スマートレイアー

▲ シャルール

 

馬券は3頭のワイドボックスとシャルールの複勝を考えています。