読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリザベス女王杯 予想

先週のブリーダーズカップフィリー&メアターフは Queen's Trust がゴール前 Lady Eli をハナ差かわして優勝。フランキーのここ一番での勝負強さを見せつけられました。

対抗・本命で決まったのですが、馬単の裏を買っていなかったので悲しいハナ差。ワイド的中でトントンにはなりましたが残念でした。

 

さて今週はエリザベス女王杯

連続開催の6週目で淀の芝コースも徐々に時計がかかるようになってきましたが、好天で良馬場でレースを迎えられそうです。2分12秒を切るぐらいの決着になるでしょうか。

 

昨年の覇者、マリアライトは牡馬相手に宝塚記念を制したように、ここでは力が一段抜けた存在。ですが、基本的に道悪馬場で強いタイプで、稍重発表で時計がかかった昨年と比べると、この馬にとっては条件は悪い。

さらに、この中間の稽古が軽めで、体力を絞りつくすような戦法がとれるのかどうかも少々疑問です。陣営のコメントからは読み取れませんでしたが、秋の目標はここではないのかも。

実績力量を認めても中心視はしづらい馬です。

 

去年の秋華賞ミッキークイーンは、ここが半年ぶりの実戦。

春は目標をヴィクトリアマイルに置いたこともあって、マイル戦2戦をともに2着の戦績でしたが、この馬の主戦場はこの中距離戦。淀の芝コースは内回りの秋華賞しか経験がありませんが、上がり4ハロンストライドを充分伸ばせる外回りコースの方が向いていると思われます。

心配なのは馬の状態だったのですが、坂路で好時計の追い切り。これならば力は出せそう。

 

休み明けの府中牝馬ステークスを馬体重を減らしながら勝ったクイーンズリングは、反動が出たのか中間稽古が軽め。状態は前走の方が上でしょうか。

その府中牝馬ステークスでは惨敗だったシャルールですが、不慣れな逃げ戦法で目標にされてのもの。今回は番手以降の競馬になりそうですし、距離延長も問題なし。ヴィクトリアマイルでも狙って結果殿負けでしたが、もう1回狙ってみます。

 

ミッキークイーン

○ シャルール

デンコウアンジュ (荒川厩舎に三嶋牧場ゆかりの牝系は穴血統)

△ プリメラアスール (逃げ粘り警戒)

△ ヒルノマテーラ (中1週は厳しいが)

マリアライト

 

馬券はミッキークイーンからワイドと、ミッキークイーンマリアライトからの三連複流しを考えています。