読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞・春 注目馬

長距離路線でのステイヤーの復権に対して、我慢の効く中距離馬・ドリームパスポートがどう戦うのか、というのが注目ポイントだったのですが、その馬が故障で出られないのはまずは残念。


1番人気濃厚なアイポッパー安藤勝己騎手、2番人気濃厚なデルタブルースが岩田騎手。ともに中距離戦的な瞬発力勝負に不安がある馬となれば、前半はスローペースになること必至とはいえ、早めに勝負に出て消耗戦に持ち込むことが予想されます。


注目馬は、半信半疑ながらデルタブルース。ダメな時は本当に凡走に終わる馬で、中心視して単勝・連軸というのには不安が大きい馬ですが、今年の出走メンバーでは格最上位、それも前2年掲示板に載っているアイポッパー以外の馬には負けて欲しくないぐらいの実績の持ち主です。今回は「やる」番だと信じて。


対抗格はトウショウナイト。一昨年の4着馬ですが、その後はなかなか期待したほどの活躍ができませんでしたが、去年の秋からは中央場所の重賞でもようやく常識にかかるレース振りが出来るようになって、今年のメンバーなら上位食い込みも可能と見ます。祖母はStorm Bird全姉で、最近よく目にする気がする(母/祖母の全きょうだいが○○)という活躍馬のパターン。(まあこのパターンで走る馬が出るのは定番といえば定番ですが)


できればこの2頭で決まってくれないかなと思っていますが、毎度毎度力どおりの走りをしてくれない2頭だけに1点勝負はかなり不安。


アイポッパーは前々走が重賞初勝利。前哨戦は辛勝。正直なところ、G1で勝つにはあと一押し足らないとは思いますが、安藤勝己騎手の腕は軽視できず、抑えは必要か。


マツリダゴッホアイポッパーデルタブルースらが消耗戦に持ち込んだ場合、持久力にやや不安が残りますが、折り合いや勝負どころでスッと動けるセンスは魅力。鞍上・横山典弘騎手ならアイポッパーと同程度の評価はでき、馬券的妙味はこちらが上。


トウカイトリックは今年に入って新味を発揮。上がり34秒台で追い込んでくるという型も身につけ、上昇度は魅力。勝つまではどうかと思いますが、馬券圏内につっこむ可能性はあるかと。


穴ならもう一頭のトウカイ、トウカイエリートの方か。消耗戦に巻き込まれた場合はなすすべなしという予感がしますが、人気がない分、自分のペースを堅守して一発に賭けるという作戦が可能でしょう。


デルタブルーストウショウナイトの馬単とワイドが勝負馬券で、他の4頭への流しが押さえ。


メイショウサムソンは、3200mという距離はどう乗ろうにも条件不適。人気や脚質を考えると前半死んだふりで後半勝負というやり方でも勝負にならないと見ます。


ダークメッセージはここのところ毎回買っているのですが、ここのメンバーで勝負できるほどまだ強くないかなという印象。