読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月賞 注目馬

さて皐月賞。今日は出かけるので、馬場状態やパドックが見られない。そもそも買うべき馬を絞りきれていないので、やや穴っぽい馬から手広く買う方針でいきます。


皐月賞の最重要トライアルは弥生賞スプリングステークスですが、今年の両レースはいかにもトライアルという上がり重視の内容で、トライアルレースの意味合いの差や道中の位置取りの差で入線順が決まったように見えました。そこで、前哨戦の順位は軽視して、それ以前のレースから内容の濃い競馬をした馬を中心に馬券を考えたいと思います。


注目馬は、きさらぎ賞で上位入線組の、レインボーペガサス(1着)、スマイルジャック(2着)、レッツゴーキリシマ(4着)から。
この中では、仕掛けどころドンピシャという感じだったレインボーペガサスよりは、直線いったんは先頭にたって踏ん張ったスマイルジャックレッツゴーキリシマの方がいい内容だったようにも思いますが、あえて中心はレインボーペガサスで。


この馬はどうも競馬にいくと力んでツメを欠くタイプの馬のようで、デビュー後3戦芝で結果が出ず、ダートに替わって2勝し、再び芝に戻った緒戦がきさらぎ賞。目先を変えながらレース経験を積ませ、レース中に落ち着くことを覚えさせていったことで好結果が出たといったところでしょうか。デビュー時に手綱をとっていた安藤勝己騎手に鞍上が戻り、ペースが速くなりそうなG1戦、展開も向きそうですし、上がりのかかりそうな馬場状態もうってつけ。ゲートを出てスムーズに流れにのれればアタマまで狙えると思います。


相手は前からでも中団からでも競馬が出来て安定感があるスマイルジャックに、スプリングステークスは後方に控えていいところがなかったレッツゴーキリシマ(今回先行できたら結構怖いと思う)。
大外枠が気になるものの共同通信杯の勝ち方が出色のショウナンアルバ、中京2歳ステークスが良かったノットアローン、好メンバーだった萩ステークスの勝ち馬フローテーション東スポ杯の1・2着馬フサイチアソートとスズジュピター(特に後者は時計がかかる馬場が向きそう)。血統的に重馬場が向きそうなダンツウイニングと先行流れ込みに警戒してタケミカヅチ
マイネルチャールズはここまでのローテーション的にもう上がり目がなさそうなのでやや評価を下げたのですが、ここまでの実績は最上位。オッズ的に「値ごろ感」が感じられるなら抑えます。