読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルチャンピオンシップ 予想

エリザベス女王杯は上がり3F33秒2でクイーンズリングが差し切り、初G1勝利。

1000m通過61秒8、1200m通過が74秒4というかなりなスローペース。スタートで少々出遅れたクイーンズリングでしたが、内枠とこのスローペースを利して無理なく好位に取り付き、上がり勝負へ。直線先に抜け出したシングウィズジョイを猛追、捕らえたところがゴールでした。

運不運はあったでしょうが、デムーロ騎手のコース取りが一番の勝因のように見えました。

超スローペースを味方にしたシングウィズジョイが2着。逃げ馬の後ろのラチ沿いで立ち回り、あわやの場面を作ってみせました。

狙っていたミッキークイーンは3着どまり。直線外に出された後に反応しきれずに内にササったのは、ちょっと体力的に厳しくなったからでしょうか。地力は見せましたが、半年ぶりでなければもう少し上位に行けたかも。

マリアライトは序盤の不利もありましたが、このスローペース、この上がり勝負では6着敗戦も仕方のない結果でしょうか。

 

さて今週はマイルチャンピオンシップ

昨年のチャンピオン・モーリスと今年の安田記念勝ち馬・ロゴタイプが不在で、主役不在のようなメンバー構成に。

今のところ、スワンステークスを差し切ったサトノアラジン単勝1番人気ですが、かなり割れた人気。

土曜日に雨が降っていた淀の芝コースですが、稍重発表ながら速い上がりの決着もありました。日曜日は晴れて気温も上がりそうで、高速決着の良馬場になりそうな気配です。

 

注目はミッキーアイル

昨年の安田記念以来のマイル戦ですが、今年の高松宮記念は2着、さらにスプリンターズステークスも2着。古馬G1でもあと一歩のところまでは来ています。マイペースで逃げても勝ちきるまでに至らなかったのは、テンのスピードが乗るまでに少々時間がかかるからでしょうか。

距離は延長となりますが、スプリント戦と比べてハナに立つまでに消耗する度合いは小さく抑えられるでしょうから、今回は粘り切れるマイペースになるのでは。

休み明けだった前走より、稽古の動きも良さそうに見えますし、今回のメンバーなら競り掛けてくる馬もいないはず。

 

相手で面白いのはガリバルディ

前走富士ステークスは脚を計ったような競馬で、道中後方から大外をついての5着どまり。そもそも3か月ぶりの実戦で、サマーマイルシリーズに目もくれず、マイルチャンピオンシップを目標においてのローテーション。納得ずくの敗戦のはずです。

淀の坂の下りで勢いをつけての直線勝負はこの馬にあっていると思うので、前半うまく立ち回ればチャンスありとみました。

 

ミッキーアイル

ガリバルディ

ウインプリメーラ(先行力注目)

フィエロ、ネオリアリズム、サトノルパンマジックタイム

 

馬券はミッキーアイルからのワイド・三連複流しを考えています。