皐月賞 予想

先週の桜花賞はグランアレグリアの優勝。

阪神競馬場は心配していた雨も降らず、時計の出る良馬場でのレースに。

プールヴィルがハナを切り、ジュランビルとメイショウケイメイが2列目、その直後にグランアレグリアという序盤の隊列。前半800mは47秒7と遅く、かかり気味の馬も中団に多く見られました。

そこから3~4コーナーにかけてさらに流れが緩みかかるところ、4番手外目にいたグランアレグリアが単騎でペースアップ。内の先行馬をマクって直線入り口では早くも先頭に。コーナーの勢いのまま内ラチへ進路を寄せると、後続に2馬身以上の差をつけて独走態勢。

そのまま危なげなく先頭ゴールインとなりました。

勝ち時計は1分32秒7の桜花賞レコード。時計の出る馬場だったとはいえ、かなりの好時計だと思います。

マイル戦ながら中距離戦のような流れでレースが進む中、自力でマイルの流儀に場を作り変えて押し切ってしまったのですから、今回については完勝ですね。次走はNHKマイルカップとなる模様で、おそらく相当人気になるでしょうが、前半から速い流れになった時に対応できるのかがカギになりそうです。2年前の、ボンセルヴィーソとアエロリットが引っ張った時のようなペースになった場合、果たしてどうなるでしょうか。

勝ち馬に次いで伸びてきたダノンファンタジーを目がけて4~5頭が2着争い。内を巧く突いたシゲルピンクダイヤが0秒4差2着、外に出すのに手間取ったクロノジェネシスが2着と同タイムの3着。

狙っていたエールヴォアはスタートで後肢を滑らせダッシュが効かず、インの後方に押し込まれる悪い展開。直線追い込むも、勝ち馬から0秒8差7着まで。出来は良さそうだっただけに、テンに前につけなかったのが残念でした。やはり距離はもっと長い方が向きそうで、オークスへ直行できそうなら再度期待。

アクアミラビリスは1秒9差13着。心配していた馬体が前走比マイナス10キロと細化し、精神面も落ち着かなかったですね。レース中も折り合いを欠き、残り200mあたりで失速。こちらは心身共に成長を待ってから、秋以降に馬券で狙いたいです。

馬券はハズレ。

 

さて今週は皐月賞

中山の芝コースは、連続開催8週目、かつ週中にかなり雨が降ったのですが、かなり時計の出そうなコンディション。土曜日は風が強くて芝の荒れ具合をつかみづらかったのですが、高速馬場になっていると思います。明日も日中はなんとか天気が持ちそうなので、勝ち時計も速くなるのではないでしょうか。

 

昨年のホープフルステークス以来のレースになる3戦全勝のサートゥルナーリアが抜けた1番人気。続いて同じく3戦全勝で共同通信杯以来のダノンキングリー、共同通信杯でダノンキングリーの2着だった昨年の2歳王者アドマイヤマーズの順。皐月賞トライアル出走馬に人気がありません。

 

スタートの巧いランスオブプラーナの逃げで、その後ろに人気3頭を含めた数頭が先行集団を作る展開になりそうです。今日のような風向きだと、向こう正面は向かい風でペースを上げづらく、馬群は団子状態で折り合いに苦労する馬が出てくるかも。短い直線での決め手比べが予想され、馬群を割れる瞬発力もモノを言いそうです。

 

注目はサートゥルナーリア。

昨年暮れのホープフルステークスで見せた、操縦性の高さと決め手は非常に魅力的。巡航速度・最高速度ともに優秀な上、馬群の中で折り合って我慢が効きますから、フルゲートの競馬は初めてですがおそらく対応できるでしょう。

休み明け初戦での大一番になりますが、2週前のエアウインザーと併せた稽古が抜群の動きで、体がまだ出来ていないということはまずないと思います。今週の稽古も、雨で時計は出ませんでしたが良い動き。

 

この馬が決め手比べではアドマイヤマーズより上、距離適性ではダノンキングリーより上という見立てで、これら先行勢をすり潰すようにして抜け出すと予想しているので、相手はそれより後ろからの馬が面白そう。

 

クラージュゲリエは気性がカリカリしているように見えて、意外とレースでは折り合いがつく馬。共同通信杯では3着でしたが、2000mへの距離延長は好材料。内で巧く脚が溜まれば。

 

もしも雨の降り出しが早まって馬場が悪くなるようならメイショウテンゲンにも注目。

母のメイショウベルーガは函館の不良馬場でも鮮やかな末脚を見せていましたが、この仔も道悪は得意。

 

◎ サートゥルナーリア

○ クラージュゲリエ

注 メイショウテンゲン

 

サートゥルナーリアが予想以上に人気一本かぶりなので、馬券はオッズ推移を見ながら考えたいと思いますが、単勝と、クラージュゲリエ相手の馬単馬連・ワイドを考えています。雨が降ってきたら様子を見てからメイショウテンゲンを買い足す方向で。

さてどうなりますか。

 

桜花賞 予想

先週の大阪杯アルアインの優勝。

雨は上がっていたのですが、予想よりも馬場が乾くのが遅めで、それほど速い時計が出せない馬場になっていた先週の阪神芝コース。

ゲートが開いて、ポンと飛び出したエポカドーロがハナへ。スピードに乗るのに距離が要るキセキは2番手のポジションになりました。両馬とも上がりの決め手勝負には持ち込みたくないタイプなので、前半から速いラップを刻むかなと見ていましたが、逆にかなり遅いペースになりました。前半1000m通過は61秒3。

緩い流れを馬群一団で進み、3コーナーからペースが上がり、残り4ハロンの持続力勝負へ。

先行2騎の手応えがありそうだったので、この2頭が有利かなと見ていたところ、ここで内のエポカドーロが失速(鼻出血発症とのこと)。一方のキセキは外からの差し馬を意識したのか4コーナーで外に回し、なんと内がポッカリ開く展開に。

2列目のインにいたアルアインと、さらに一列後ろのインにいたワグネリアンが経済コースを労せず突くと、残り200m程でアルアインが先頭へ。キセキが目標を内に切り替えるも間に合わず、アルアインが先着ゴールイン。キセキ、ワグネリアンと続いて入線となりました。

アルアインにとってはもっと乾いた馬場の方が向いていたはずで最も向いたコンディションではなかったかと思いますが、阪神内回りコースの適性と、まったく無駄のないコース取りが楽々できた幸運が重なっての久々の戴冠。勝つ時はこんなものなのかもしれません。

キセキは勝てるレースを落としたという印象。今回は番手からのロングスパートの作戦でしたが力を出せる展開にはなっていたはず。アルアインに隙を突かれた格好に。

狙っていたエアウインザーは5着。スタート直後、外枠の馬に前に入られて位置取りが下がってしまったのが響きました。勝ち馬から0秒2差。初のG1でしたが、道中もう1列前にいれたら、あるいはもう1頭分内ラチ沿いに入れられていたなら、もっと上の着順があったかも。

馬券はハズレ。

 

さて今週は桜花賞

阪神の芝コースは連続開催7週目になりますが、今週は雨の影響もなく、土曜日は時計の出る馬場に戻っていました。ただ日曜の午後は雨予報が出ているので、降り始めと量によっては競馬に影響するかもしれません。

昨年の2歳女王にして最重要ステップのチューリップ賞勝ち馬のダノンファンタジーと、新馬でそのダノンファンタジーを破り朝日杯では牡馬相手に3着だったグランアレグリアの再戦ということで、馬券は両馬絡みが売れているようです。

 

昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズは中団緩んだ流れながら先行勢が失速。後方待機の面々が上がりの決め手比べで上位を占めましたが、そこそこの内容といったレヴェルで、この上位陣が春クラシックの中心になるという印象は持てませんでした。

ところがこの春のチューリップ賞およびクイーンカップでは、そのままジュベナイルフィリーズ上位陣中心の結果に終わり、レース内容もやや低調といった印象。新星登場とはなりませんでした。

対抗馬扱いのグランアレグリアは朝日杯の後放牧を挟んでここにぶっつけの鉄砲使い。予定通りのローテーションとはいえ、やはり休み明けは気になります。朝日杯では調子万全ではなかったと見ても、展開利を得ながら0秒4差3着の敗戦。同世代牝馬で抜けた存在とは言えないと思いますし、今回の直前の稽古もあまりピンとこず、朝日杯以上のデキに見えるかというと自信がないです。

 

この2歳戦上位陣の馬券が今回売れているなら、別路線組を狙ってみた方が面白そうです。

 

3戦2勝のアクアミラビリスはエルフィンステークスを差し切った末脚が出色。

前残りの展開を道中最後方から、最後の直線だけ、それも200m程でまとめて撫で斬り。非常に決め手への魅力がある馬です。阪神コースは未経験で、同じく直線急坂のある中山では敗れていますが、3コーナーでペースが緩みがちな阪神の外回りマイルへは充分対応可能と見ています。

ただ気になるのは410キロ台と小柄な馬体。エルフィンステークスから2ヶ月間隔を空けてじっくりと調整されてきましたが、馬体に大きな成長は見られず、もしかするとマイナス体重での出走になるかも。フルゲートG1で怯まず馬群を割れるかどうか。

稽古の様子からは一発の期待は持てると見ていますがはたして。

 

もう1頭注目は、2歳時から非凡な面を見せつつもなかなか賞金を積めずにいたエールヴォア。

前走フラワーカップでは出遅れて位置取りを悪くし、マイペースで飛ばす逃げ馬を長く追いかける苦しい展開ながら2着を確保したレースでした。

休み明けで精神面でピリッとしなかった点や、大跳びで中山コースに向かなかった点を考えれば、間隔が詰まっていることを考慮しても変わり身・上積みは見込めそう。

こちらは500キロを優に超える馬格を誇り、このコース、この内枠ならインの前目からの抜け出しに期待したいところ。

 

◎ エールヴォア

○ アクアミラビリス

▲ ノーワン

 

ノーワンは血統面(祖母がバレークイーンの全妹、母はフサイチコンコルドの全血の従妹)から、夏に賞金を積めたら秋華賞あたりで期待したいなと思っていたのですが、未勝利→G2といきなり連勝を決めて驚きました。良くなるのは先だと思うのですが距離が延びるのは向きそうで、フサイチコンコルドの名前が出てくるような馬なら春にもう1丁があってもおかしくないかも。

 

馬券はエールヴォア・アクアミラビリスの単複と、ノーワンを加えた3頭のワイドボックスなどを考えています。3頭ともここでオークス出走権利が獲れて余裕ある調整ができたなら、2冠目の舞台条件も向く馬だと思うので、その点も注目しています。

はたしてどうなりますか。

 

大阪杯 予想

先程ドバイミーティングが終わりました。アーモンドアイが完勝。シュヴァルグランヴィブロスの兄妹がともに2着。マテラスカイも惜しい2着。疝痛で出走取消となったケイティブレイブは残念でしたが、今年の日本勢は健闘したのではないでしょうか。

マテラスカイは今後ブリーダーズカップ挑戦と森師がおっしゃっていました。これは楽しみ。

 

先週の高松宮記念は、ミスターメロディが優勝。

注目していたモズスーパーフレアですが、テンの行きっぷりが悪く、なかなかスピードに乗れない序盤になりました。内からセイウンコウセイが好発を決めて楽に先行、ラブカンプーもこれに楽に並びかけ、この2頭を外からモズスーパーフレアが2ハロン目で追い越して先頭へ。

200~400mのレースラップが10秒1ですから、モズスーパーフレアはこの区間を9秒9か10秒ちょうどぐらいで駆けていたと思われます。前半600m通過が33秒2、これでは最後まで脚がもたない。

この日の中京の芝コースは時計が出やすく、コース替わりで内有利の馬場。加えて直線向かい風が強く吹いて、外からの差しが効きにくいコンディションでした。

好発からモズスーパーフレアを前に行かせて内の3番手でじっとしていたセイウンコウセイは、直線楽な手応えで先頭に立ちましたが、残り100mあたりの地点で交わされて2着。展開は向きましたし、力も出せていたと思いますが、強風の中早目に先頭に立った分、最後体力が持たなかったかなと。

勝ったミスターメロディは1200mよりも1400m戦で重賞実績のある馬でしたが、上がりのかかる流れと、この日のコースコンディションを味方にして、インの5番手から抜け出してきました。逃げ馬とはやや離れた位置での追走でしたので前半も忙しすぎず、後半も失速せずしっかりと終いまで走り切っていました。戦前の予想では1200m戦だと忙しいだろうという見立てでしたが、今回については1400m戦での経験蓄積がモノを言ったなという印象。

3着は中団内目から直線インをスルスル伸びてきたショウナンアンセム。内を回ってきた馬が上位独占という形でした。

馬券はハズレ。

 

さて今週は大阪杯

土曜日の阪神は雨が降って少々時計がかかっていましたが、日曜日は晴れそうな予報です。メインレースまでには充分乾き、そこそこは時計の出る馬場になるのでは。

 

昨秋の古馬中距離戦線で好勝負を何度も演出してきたキセキが先手を奪いそうですが、この馬は飛びの大きな馬で、阪神内回りではちょっと窮屈な走りになってしまうかもしれません。無理に競りかけてくるような馬は見当たりませんが、それでも道中ぎこちなく走ってしまうと、終い甘くなるかもしれません。

道中ラップの緩急差が少ない流れならば、マイル実績のある中距離馬が向きそうですが、ステルヴィオやサングレーザーもどちらかといえば外回り向きのストライドの持ち主。アルアインは内回りと直線急坂コースは向き、馬場が乾いてくれば面白そうですが、2000m戦だと道中ペースが緩むか位置取りを下げるかしないと苦しそう。ペルシアンナイトもペースが緩んだ方が良さそうで、こちらは馬場が渋っていた方がチャンスありそう。

ブラストワンピースの有馬記念はお見事でしたが、そもそも不器用な馬。キセキの演出する消耗戦で浮上する目はありそうですが、鉄砲使いでさてどうか。

 

ちょっと迷いつつも、注目はエアウィンザー

内回り巧者を輩出してきたアイドリームドアドリーム牝系の出身で、この馬も阪神内回りは得意コース。

他の5歳馬たちと比べると出世は遅れましたが、相手なりに堅実に走りながらコツコツと実績を積み上げてきました。前走金鯱賞も数多のG1馬に混じって3着に踏ん張っており、休み明けとしては良い結果。

ひと叩きされて上積みもありそうで、稽古も良い動き(余談ですが併せていたサートゥルナーリアがかなり良さそうでしたね)。

一気の戴冠に期待。

 

◎ エアウィンザー

○ サングレーザー

アルアイン

ステルヴィオ、キセキ

 

馬券はエアウィンザーからのワイド流しを本線に、単勝などを考えています。

さてどうなりますか。

 

高松宮記念 予想

春のG1シリーズ開幕戦、高松宮記念

中京は3週連続開催の最終週。芝は今週のみBコース使用で、先週とは様相がガラリ変わっています。

今年の番組編成では同じ芝1200m戦の岡崎特別が日曜日に組まれているため、去年との馬場の比較が難しいのですが、土曜日のレースを見るとかなり軽い高速馬場になっているようです。

3年前のビッグアーサーが勝った時(勝ち時計1分6秒7)のようなイメージでとらえています。

 

人気は明け4歳勢のダノンスマッシュ、モズスーパーフレア、ミスターメロディら。この中から勝ち馬が出れば、ファインニードル引退後の世代交代が大きく進むことになります。

 

このうち高速馬場での実績があるのがモズスーパーフレア

3走前、前半ゆっくりめに逃げたラピスラズリステークスではダイメイフジに差しこまれましたが、年が明けての2戦、カーバンクルステークスとオーシャンステークスでは高速馬場を前半から飛ばして逃げ切っています。

序盤から飛ばして行く逃げ馬だけに同型馬の存在が気になりますが、最初のコーナーまでが長いコース形態と今回のメンバーならば、極端に競りかけられずに先手は奪えそうです。

稽古の動きも良く、今回は勝機か。

 

ダノンスマッシュは逆に少々力が要る馬場で実績があり、軽い馬場だとNHKマイルカップ(距離条件は違いますが)のように伸びきれない可能性が高いとみます。ミスターメロディは現状1200m戦だと忙しいように思えます。

 

相手は高速馬場で昨夏好走しているダイメイプリンセス、初の1200m戦になるもののワンペース先行で高速馬場での消耗戦に強いロジクライ

 

◎ モズスーパーフレア

○ ダイメイプリンセス

ロジクライ

 

馬券は馬連・ワイドのボックスとモズスーパーフレア単勝を考えています。

デアレガーロは近走、毎回買い目に入れているのですが、軽い馬場だと昨春のヴィクトリアマイルの時のように持ち味が出ない馬なので今回は見送りの方向で。

 

さてどうなりますか。

 

フェブラリーステークス 予想

中央競馬今年最初のG1レース、フェブラリーステークス

昨年のダート王者ルヴァンスレーヴが繋靭帯炎で不在なのが残念ですが、過去3年のこのレースの勝ち馬に、インティ・コパノキッキングといった上がり馬もおり、なかなか面白いメンバー構成になったと思います。

府中のダートは、先週の競馬を見るとやや時計がかかる馬場でした。今週も同程度か、少し時計の出る方向に変わっていっているのではないかなと思います(土曜日のレースがスローペース続きで判断しづらい・・・)。

 

今回人気になっているのが6連勝中の上がり馬、インティ。

特にここ3走の勝ち時計はレヴェルが高い上、あまり追われることもない中でマークされた好タイムですから、さらに上積みがあってもおかしくないでしょう。

今回は初の関東遠征、初のマイル戦、初の芝スタートコースと初物の条件が重なります。マイルの距離自体は問題ないと思いますが、芝スタートの府中のマイルは序盤ペースが速くなりがちなコースで、前々で揉まれない競馬をしたいこの馬にとっては難しくなりそうなコースだと思います。

すんなりハナに立てれば巡航速度を活かして好走できるかもしれませんが、すぐ内の枠のサクセスエナジー、外のサンライズソア・ノボバカラあたりも前に行きたいクチ。同じく揉まれたくないコパノキッキングも逃げか追い込みか極端な作戦を採りそうで、乱ペースに巻き込まれる可能性は小さくないとみました。

今回は相手もかなり強いメンバーになっていますし、ヒモで抑えるのはともかく、軸で買うには人気になりすぎている印象。

 

一昨年の勝ち馬で、昨年は僅差の2着だったゴールドドリームは、今回休み明け2戦目。

チャンピオンズカップ出走に向けて仕上げていたところに一頓挫あり、仕切り直しての東京大賞典はオメガパフュームから0秒1差の2着。今回はオメガパフュームら明け4歳勢との斤量差がなくなり、調整過程も順調なので期待大。

ただ、少々枠順が内すぎるかな。。。

 

昨年4着のサンライズノヴァは府中のダートが主戦場の馬。

なので、2走前中京のチャンピオンズカップの敗戦はともかく、前走府中の根岸ステークスの大敗は納得のいかないものでした。陣営はパサパサに乾いたダートコースを敗因に挙げていましたがそれにしても負けすぎの印象でしたし、スタートでの出遅れはいつものこと。早くも衰えが来たのか、どこか故障を抱えているのかと心配していました。今年のフェブラリーステークスは厳しいかなと。

ところがこの中間、中2週のローテーションながらかなりの強度の稽古を積んできました。坂路を長めから追われた最終追い切りもかなり良い動きで、メイチの仕上げ。余裕残しの仕上げだった前走からガラリ一変の可能性は大いにありそうです。馬体重は増えての出走になると思いますが、太目ではないと思います。

枠順も真ん中でまずまず、展開はインティを中心に前々に意識が向く流れ。この馬の追い込みは今回期待できそうです。

 

サンライズノヴァ

ゴールドドリーム

▲ クインズサターン (こちらも府中得意、最内枠をこなせれば)

△ モーニン (馬場が湿った方が良いと思うが状態は良さそう)

△ オメガパフューム (左回りで巧く手前が替えられれば。マイル戦は対応できるはず)

△ インティ

 

馬券はサンライズノヴァからの馬連・三連複の流し馬券を中心に考えています。オッズを見てタテ目も少々抑えるつもりです。

さてどうなりますか。

 

2018年度 私的年度代表馬

例年通り、選考対象は2018年中に国内で1走以上した馬です。

 

年度代表馬 アーモンドアイ (5戦5勝 桜花賞優駿牝馬秋華賞ジャパンカップ)

今年の後半は、3歳馬の強さが目立ちました。重賞級・G1級が輩出されて入れ代わり立ち代わりチャンピオンになっていった牡馬に対し、牝馬はこの馬の強さが揺るぎませんでした。6年ぶりの牝馬三冠に、斤量差があったにせよ3歳牝馬でのジャパンカップ制覇は偉業。

 

殊勲賞 ファインニードル (6戦4勝 高松宮杯スプリンターズステークス)

海外遠征先では地元香港勢に敵いませんでしたが、国内に限れば4戦無敗。レッドファルクスの後を継いで国内のチャンピオンスプリンターの座につきました。巡航速度に優れ、スプリントG1の激しいペースにも楽について行けるのが強み。オーナーがゴドルフィンですから、来年はドバイ遠征もあるかも。

 

敢闘賞 リスグラシュー (7戦2勝 エリザベス女王杯)

初戦の東京新聞杯で久々の勝利を手にすると、今年の前半は(それほど得意でないはずの)マイル路線。G1ヴィクトリアマイルではまた惜敗してしまいましたが、中長距離路線へ転じた今年の後半ではついにG1戴冠。暮れの香港遠征ではまたしても惜敗してしまいましたが、もうひとつきっかけがあれば、ポンポンとG1を勝ち続けそうな馬です。

 

技能賞 フィエールマン (4戦3勝 菊花賞)

おそらくJRA賞の最優秀3歳牡馬は別の馬になると思いますが、僕の中ではこの馬が3歳牡馬で一番印象的でした。非常にレースが器用な上、巡航速度もトップスピードも高レヴェル。鞍上のゴーサインに反応しての急加速もスムーズで、中長距離で長く活躍できそうな素材。

 

 

本当は、ここにディアドラが入ることを期待していたのですが、G1タイトルが獲れなかったので断念。騎手都合でローテーションを弄られた上、肝心な香港カップではスローペースから逃げ馬にしてやられ。。。個人的に府中牝馬ステークスは今年最も印象的なレースで、秋の主役になりうる存在だと思っていたのですが。

一方昨年、2018年期待する馬として名前を挙げたステルヴィオは、春クラシックこそ勝てませんでしたが、秋はマイルチャンピオンシップ制覇。上の選からは漏れましたが、結果を出しました。

 

2019年に期待する馬は、まずはフィエールマンとディアドラ。

それから、まだ1000万条件を勝ったばかりですがレジーナドーロ。レジネッタの子供でようやくオープンで活躍できそうな仔が出てきました。末のスピードは非常に見応えがありますし、期待できそうです。

 

それではよいお年を。

 

ホープフルステークス 雑感

仕事でリアルタイム観戦とはなりませんでしたが、ホープフルステークスについて。

優勝は単勝1.8倍と圧倒的1番人気だったサートゥルナーリア。

スタートでキングリスティアが出遅れてしまい、逆に好発を決めたサートゥルナーリアが馬なりで前に出てゆくと、1コーナーまで全馬探り探りの展開。意を決したように先頭で1コーナーに飛び込んだコスモカレンドゥラに連なって馬群は固まりましたが、もうこの時点でスローペースが決定的に。

2列目に人気のサートゥルナーリアとアドマイヤジャスタが並んでのスローペースに危機感を持ったのか、後続の各馬の動き出しは早く、向こう正面から仕掛ける馬もありロングスパートの地力勝負の様相に。

直線入り口で逃げるコスモカレンドゥラを捕えに行ったのはアドマイヤジャスタとブレイキングドーン。サートゥルナーリアはワンテンポ遅く仕掛けて2頭の間をこじ開け、直線坂上で先頭に。そのまま一気にリードを奪い、アドマイヤジャスタに0秒2差離してゴールへ。アドマイヤジャスタはスムーズな競馬はできましたが目標にされて最後苦しくなったか。

リオンディーズはこの中山2000mで暴走してしまい5着(4着入線後降着)に敗れてしまいましたが、弟のサートゥルナーリアはスローペースの2番手でガッチリ折り合い見事な決め手を発揮しました。抜け出す時にやや進路が狭くなりましたが、それ以外はほぼロスのない競馬。アッサリとG1タイトルを獲ってしまった印象です。

来年のクラシックではここまで楽な競馬はさせてもらえないかもしれませんが、この操縦性の高さと決め手は大きな武器。ストライドの大きな馬ですから、同じ中山2000mコースの皐月賞はもちろん、府中のダービーでも期待できるのでは。

期待していたニシノデイジーは勝ち馬から0秒3差の3着。好発を決めてインの3列目に潜り込み、前にサートゥルナーリアを見ながらの競馬。スローペースの馬群の中で馬はかなり行きたがっていましたが、勝浦騎手は手綱を引っ張ってポジションキープを選択しました。直線、サートゥルナーリアが切り拓いた道を通って伸びてはきましたが、勝ち負けに関わることなく3着止まりに。

インの前目につけるというのが陣営が事前に決めていた作戦だったのかもしれませんが、最大の強敵が前にいて、充分脚を溜められ、先に仕掛けて決め手を駆使されては勝負にならない。複勝圏内に飛び込むには適した作戦だったかもしれませんが、実績的には勝ちを意識すべき馬でしょう。馬はもっとやれたと思いますし、消極的なレースに見えたのが残念。

馬券は1,3着のワイドが的中しましたが、あまり儲けにはつながりませんでした。

 

ホープフルステークス 予想

先週の有馬記念はブラストワンピースの優勝。

予報では雨は上がるとのことだったのですが、土曜日に引き続き日曜日当日も雨が降ったり止んだり。結局有馬記念稍重でのレースになりましたが、発表以上に力が要りそうな馬場状態に見えました。

スタート直後、内枠のオジュウチョウサンがハナを窺う動きを見せると、外からキセキの川田騎手が応戦。意識的に前に出していって先手を譲りませんでした。このままキセキの逃げで隊列が定まりましたが、渋った馬場を考えると逃げ馬にはオーバーペース気味の序盤に。

カーブとアップダウンの続く中盤はペースはいったん緩みましたが、向こう正面でキセキは再加速。積極的に後ろとの距離を取り始めましたが、結果的にはやや仕掛けが早すぎたかも。

3~4コーナーから促されて進出したブラストワンピースが直線入り口で2番手に並び、直線坂上でキセキを捕えると、終始ブラストワンピースの直後にいたレイデオロの追い込みをクビ差凌いでゴールへ。

思っていたよりも馬場が重くなった上、思っていたよりもキセキが速いラップで序盤から攻め、思っていたより早く逃げ馬も後続馬も仕掛ける展開になったので、かなりの消耗戦になりました。

ブラストワンピースはスローペースだった菊花賞で、大外をマクリきれないで大幅な距離ロスを被りながら0秒4差4着。思ったほど負けておらず、消耗戦には強いのかもと注意はしていましたが、この大一番で予想以上に見事な走りを見せました。この馬自身かなり長く脚を使っていますし、ただの展開利での勝利ではないでしょう。

レイデオロはタイム差なしの2着には敗れましたが中山巧者ぶりを発揮。0秒2差3着のシュヴァルグランは末脚が素晴らしかっただけに外枠だったのがもったいない。他では0秒6差5着に踏ん張ったキセキ。いったん休養に入りそうですが、このようなレースができるうちにもうひとつG1タイトルを期待したい。

引退レースとなったサトノダイヤモンドは0秒6差6着。出来は良さそうでしたが、この馬にはきつすぎる流れになってしまいました。

馬券はハズレ。

 

さて今週はホープフルステークス。年末で金曜日1日の変則開催です。

有馬記念から中4日、晴れて良馬場になりそうですが、芝の傷みは回復しきれていないと思われます。2歳馬の中距離戦にありがちなスローペースになりそうですが、上がりは結構かかるのではという予想。

 

実績で抜けているのが重賞2勝馬ニシノデイジー

2走前の札幌2歳ステークスは洋芝コースで、雨の影響で良馬場とはいえ時計のかかるコンディション。激化する先行争いの後ろからマクっていき、4角2番手から接戦を制しました。

前走の東京スポーツ杯は逆にかなりの高速馬場。スローペースを中団馬群の中で揉まれながら進み、実質直線300mだけの競馬で、またも接戦を制しました。全く質の異なるレースで連勝、勝負強さを発揮しています。

今回は1ハロンの延長となりますが、血統的には対応可能でしょうし、力の要る馬場も他馬よりも向きそうです。

稽古も動いていますし、まず注目の1頭。

 

ニシノデイジーを抑えて断然の1番人気になっているのが2戦2勝のサートゥルナーリア。

キャリア2戦はいずれも少頭数で、どちらも超のつくスローペース、直線一瞬の脚で他馬を圧倒し、楽々先頭ゴールといった内容。

底を見せていないという見方もありますが、今回の13頭立て・時計のかかるコース・初の関東遠征・初の2000m戦という条件で、単勝2倍を切る人気はやりすぎでは。。。兄のエピファネイアと比べると折り合いの面は心配いらなさそうなので、多々並んだ課題を一発クリアする可能性も低くはないと思いますが、果たして。

 

他の11頭は、キャリアが浅すぎたり、前述2頭と比べると戦歴がパッとしなかったりするので、今回は堅い2頭でアッサリ決まるかも知れません。

1頭気になっているのはキングリスティア。

新馬を使って中1週。キャリアの浅さとローテーション間隔のキツさは認めますが、余裕残しで走った新馬戦が圧巻の内容。道中はスローペースでしたが、他馬に押し出され、絡まれながらの逃げは楽そうには見えず、しかしながら直線は反応よく加速すると楽に0秒8差圧勝。

ハナにはこだわらないタイプでしょうし、先団でリズムよく進められたら大駆けがあるかも。

 

◎ ニシノデイジー

○ サートゥルナーリア

▲ キングリスティア

 

馬券はニシノデイジー単勝、サートゥルナーリアとの馬連が本線。キングリスティア含めたワイド・三連複を考えています。かなり安めに感じられるオッズなので、キャリーオーバーの出ているWIN5の方を頑張ろうかな、とも思っています。

さてどうなりますか。